群馬リハビリテーション病院 リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使し、多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。外来・通所も午前に実施中。

部長

リハビリテーション総合実施計画書の意義

リハビリテーション総合実施計画書は疾患別リハビリを施行するための前提になる書類です。 リハビリを実施している患者さんにチームで協力して月1回作成し、説明を行っています。 内容はリハビリテーションカンファレンスで共有した患者の全体像と目標、達成…

実績指数

回復期リハ病棟で行ったリハビリの結果、ADLがどのくらい短期間で改善したかを示す指数である実績指数。 回復期リハ病棟入院料1を維持していくためには、40という高い目標が設定されています。 ただ、この数字は高ければ良いというものではなく、ある程度…

ロコモパンフレット2020

日本整形外科学会がロコモティブシンドロームの啓発パンフレットを新調したようです。 判定には、立ち上がり、2ステップテスト、ロコモ25を用いており、ロコモ度3が新設されているようですが、取り組みの食事編として、しっかり栄養を摂ることが紹介され…