群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

言語聴覚室

『嚥下外来始めます』

当院では、院長を中心に2000年から始めた嚥下内視鏡検査(VE検査)ですが、来年で20年目になります。 20周年の一足先に、当院でも『嚥下(えんげ)外来』を開始する事となりました。 食べる事に不安がある方は一度受診してみてください。 12月の第3週から開…

『日本ディサースリア臨床研究会 ディサースリア認定セラピスト』

こんにちは。 皆さん、ディサースリアはご存じでしょうか? 以前、ST担当ブログでも紹介しましたが、話し言葉が、発声発語器官の異常によりはっきりと話せなくなる症状の事を『ディサースリア』と言います。 舌癌や脳血管疾患などによって生じるコミュニケー…

個別リハビリ以外の時間

さて、今回は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリ以外の時間で当院が行っている関わりがあるので説明したいと思います。 当院の回復期病棟では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による3種のリハビリがあり、合わせて最大で3箇所のリハビ…

『日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会で発表してきました』

こんにちは! 紅葉の秋も終わりにさしかかり、これからは雪の心配の季節になりますね。 さて、すでに2ヶ月前の話になってしまいますが、9月に新潟の朱鷺メッセで行われた日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会で、摂食嚥下障害のある患者に対し、干渉…

中之条ビエンナーレ

私達の病院がある中之条町は、 2年毎に、町全体が現代アートに包まれます。 今年は「第7回中之条ビエンナーレ2019」と題して、8月24日から9月23日まで中之条町全域で開催されました。 仕事の休日、病院近隣、中之条町沢渡地区のアート作品を観に…

四万ハイキング

9月26日(木)に当院のレクリエーション行事でハイキングに行ってきました。 当院から四万温泉までは、車で約30分と近い距離にあります。 このハイクでは、四万温泉周辺を歩きました。 リハビリスタッフ、看護師さん、介護士さんなど様々な職種の方約40名が…

「意思伝達装置について その2」

今年の夏はとにかく暑い! 先日、県内の某市民プールに子どもを連れて遊びに行ってきました。流れるプールにウォータースライダーに25mプールに・・・子どもが大はしゃぎで遊び始めたら、「ピッピッピー!!!」と笛を吹かれて「(流れるプールで)止まらな…

とろみ自動調理機勉強会

ニュートリーとアペックスが『とろみボタン』付きカップ式自動販売機を共同開発しました。 当院でも先月勉強会が開かれました。 私はお休みで残念ながら参加出来ませんでしたが、この機器の特徴として、 ①とろみの濃さを調節 トロミの濃さを利用者に応じて『…

発語と嚥下の運動機能向上訓練

月に一度、発語と嚥下の運動機能向上の訓練を学ぶため東京での研修に参加させて頂いています。従来は、言語障害と嚥下障害は個別に訓練していました。しかし、今回学ぶ訓練法は2つの障害を一気にリハビリできてしまうという画期的な訓練方法です。訓練方法…

鼻息鏡って何?

下の写真は何でしょう? これは、言語聴覚士が声の調子(発声について)を確認する検査で使う、鼻息鏡といわれるものです。 簡単に言うと。字のごとく、鼻息が出ているかどうかを確認する鏡です。どうして、鼻息を確認するのでしょうか? 通常、「アー」と声…

高齢者の姿勢

先月、東京で行われたセミナー、『言語聴覚士のための姿勢から介入する嚥下障害へのアプローチについて』に参加させて頂きました。 上の写真はご高齢の方によく見られる姿勢です。 ・背中が丸まっている ・膝が曲がっている ・前を見るために顎が出ている ・…

退院後に会いに来てくださいました

先日、以前入院されていた患者さんが現状報告に来てくださいました。 その方は、長い入院生活を経て自宅へ帰りましたが、帰ってからもリハビリを頑張った結果、現在は復職・運転再開を実現されています。 入院当初からの目標が達成出来たと報告をするため、…

「意思伝達装置とは?」

昨年の梅雨は暑くて雨の降る日も少なく、あっという間に梅雨明けしてしまいましたが、今年は大雨が降る日が多いですね。水不足には困らないかもしれませんが、もう少し風情のある降り方をしてほしいものです。 さて、今回は『意思伝達装置』のお話です。 『…

ST室早出リハビリの紹介

梅雨入りしてから寒暖差が激しい今日この頃ですが 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回のブログではST室の早出リハビリ(7:30~16:30勤務) について紹介したいと思います。 写真は6月15日(土)朝食 ミキサー粥・嚥下調整食2(ミキサー食) STが早出介入…

群馬県言語聴覚士会新人症例発表会

2019年5月26日(日)に群馬県言語聴覚士会の新人症例発表会があったので聴講してきました。 群馬大学医学部附属病院で行われ、9名の言語聴覚士の方が発表しました。 群馬県言語聴覚士学会には、正会員 257名、準会員 0名、賛助会員 3、の群馬県内の言語聴覚…

我が町の日本一

陽の光が葉を透き通すような、新緑の季節となりました。 そんな自然の美しさを訪ねるべく休日に出掛けた中で。 当院がある中之条町の、意外な日本一をご紹介します。 実は、日本の国道最高地点があるのです。 場所は、冬季閉鎖期間を経て先日開通した志賀草…

けやきの森保育園

当院には保育園が併設されており、当院に所属するスタッフが利用できる施設となっています。 私は自宅が遠く、自宅近くの保育園に預ける事が難しいため、けやきの森保育園を利用しています。 土日祝日関係なく、就学児も預かってもらえるため、普段は地域の…

端午の節句

沢渡でも暖かな日々が多く、満開を迎えた桜も葉桜になってきておりますが花桃は美しく咲き乱れております。 病院までの道のりでは桜の花びらでできたピンクの絨毯ができています。 さて5月5日は端午の節句です。当院では季節感を味わって頂くために食事にも…

「誤嚥の判断基準について」

4月21日に東京で行われた『呼吸器ケア・リハをする人のための基礎技術~聴診・打診・触診を中心に~』というセミナーに参加してきました。 胸や喉に聴診器を当てて音を聞き、痰がある場所によって効率的な痰の出し方が違うことや、喉の音から嚥下障害があ…

タブレット端末を利用したリハビリ

4月に入り少しずつ温かくなってきたと思っていたら、 沢渡では10日に雪が降りました!! 寒暖差が大きなこの季節、風邪などひかないように気をつけて下さい! ST室では以前からタブレット端末を使用した訓練を実施しています。今年は新しいipadを購入し、現…

2019年度ST室

長い冬が終わり、ようやく春がやってきました。と思いましたが、沢渡には簡単に春はやってきてくれません。4月2日には雪が舞っていました。 外の寒さは続きますが、病院では4月から新入職員の方が入り明るく活気で溢れています。 言語聴覚室にも無事に国家試…

『言語聴覚の日をご存じですか?』

こんにちは。 皆さんは『言語聴覚の日』というのをご存じですか? もしかしたら、ブログでも紹介していると思いますが、改めて紹介させてください。 『言語聴覚の日』とは、日本言語聴覚士協会が、言語聴覚障害や摂食・嚥下障害ならびに言語聴覚士について広…

高齢者の低栄養予防

第4回介護予防推進に資する指導者養成研修会が行われ、職員が参加してきたので内容の一部を紹介します。 BMIという言葉を聞いた事があるでしょうか。ヒトの肥満度を表す体格指数の事です。 肥満は、糖尿病、高血圧、脳血管障害、虚血性心疾患などの重要な危…

年齢に伴う体力の低下を防ごう

「フレイル」という言葉をご存じでしょうか?英語で「虚弱」を意味する言葉です。 加齢に伴いからだ全体が弱くなり、健康障害を起こしやすくなった状態のことを言います。 年齢を重ねると筋肉が減り、身体が疲れやすくなったり、頭がぼーっとしやすくなったりす…

第17回地域リハ研究会

1月26日に群馬会館ホールにて行われた地域リハ研究会に参加させていただきました。 内容は3名の先生方による地域リハビリテーションに関する報告・講演で、その中に渋川市の病院で言語聴覚士として働いている先生もいらっしゃいました。 その講演についてご…

食べることに大切な舌の機能

当院でも病気や老化などにより嚥下障害を呈する方が多くいらっしゃいます。食事は私たちが生きていく上でとても重要なことです。さらに口から食べるということは生活の質の維持にも大きく関わります。 食べることは舌の運動機能と大きく関係しています。特に…

チョコレートの効果

2月はバレンタインデーもあり、お店では沢山のチョコレートが並んでいます。良薬は口に苦しということわざがありますが、苦いものはちょっと・・という方に朗報です! チョコレートにはポリフェノールの一種、カカオ・ポリフェノールが含まれています。嬉し…

当院の食べる訓練の取り組み

「摂食嚥下障害」という言葉を聞いたことはありますか?脳血管障害の後遺症や、加齢・認知症により食事が上手に飲み込めなくなってしまうことをいいます。 当院にも摂食嚥下障害に苦しんでいる患者さんがいらっしゃいます。 「摂食嚥下障害」の患者さんにリ…

病院のおせち料理 つづき

分量が多く、まとめてアップできないようなので、先ほどの続きです。 内容が前後し、見づらくなってしまい、申し訳ありません。 粥ミキサー・調整食2 ご飯は「粥ミキサー」といいます。お粥をミキサー状にしてあります。おかずは、「調整食2」といいおかずを…

病院のおせち料理

2019年が始まりました。皆さまどのような年越しをされたでしょうか。 年末・お正月もリハビリを頑張っている患者さんが沢山いらっしゃいました。 そんな患者さん方へ元旦におせち料理が提供されました。 まずはお品書き お品書きと、実際に提供されたお食事…