群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。ロボットリハ稼働中。100名超のリハスタッフで365日リハビリ邁進中。一緒にリハビリがんばりましょう。

「音読が脳を活性化させる」

 言語聴覚療法では、「文字を声に出して読む」すなわち「音読」をリハビリで実施する機会が多いです。呂律不良の改善という目的はもちろんのこと、脳の活性化を目的として音読をして頂く事があります。

 

 なぜ、音読すると脳が活性化するのでしょうか。


 音読するというのは、細かく分けると、

文字を見る→言葉の意味や読み方を理解する

→文字を声に出す→自分で発した声を聞く

という行動の連続です。

 

 

 音読することは、この4つの行動を一度にこなすため、考え事や黙読をする時よりも、脳の多くの部分が働くそうです。

 

 さらに、音読する時に脳の中で最も働いているのが、前頭前野という部分だそうです。

 前頭前野は、物事を記憶する、考える、行動や感情をコントロールする、人とコミュニケーションをとる、という私たちが人間らしく生きるために大切な事を司っています。

 前頭前野が最も働く「音読」をすれば、認知症予防や改善、記憶力アップや仕事の能率アップにつながります。

 

 私がリハビリで音読教材として活用しているのが、昔話です。

 昔話は老若男女親しみがあり、簡単に読むことができる教材なため重宝しています。

 また、退院される方におすすめしているのが新聞記事の音読です。

 新聞でも雑誌でも、身近な教材を活用して音読を習慣化してはいかがでしょうか。

 

 

 

 記事担当:ST室

座りっぱなしのリスク

 長時間座ることの多い仕事は健康リスクにどのように影響するのか。

 

 台北医科大学のWayne Gao氏らによる研究の結果が、JAMA Network Open誌2024年1月に掲載されました。

 

 3段階の職業的座位量(ほとんど座っている、座っている・いないを交互に繰り返す、ほとんど座っていない)と、全死因死亡率および心血管疾患(CVD)死亡率を調査しました。

 

 世界一座りすぎの日本人が行うべき4つの対策 | Bauhütte®

 

 48万例あまりを対象として、平均年齢は39.3歳、女性53.2%。平均追跡期間は12.85年、追跡期間中に2万6,257例が死亡しました。

 

 性別、年齢、教育水準、喫煙歴、飲酒歴、肥満度の調整した結果、仕事中にほとんど座っている人はほとんど座っていない人に比べ、全死因死亡率が16%高く(HR:1.16、95%信頼区間[CI]:1.11~1.20)、CVD死亡率が34%高かった(HR:1.34、95%CI:1.22~1.46)。

 仕事中に座っている・いないを交互に繰り返している人は、ほとんど座っていない人と比べても、全死因死亡率は増加しなかった。

 

 ほとんど座っている人で、余暇時間における身体活動が少ない(1日15~29分)、またはまったくない(1日15分未満)人は、身体活動を各1日15分~30分増やすことで、ほとんど座っていない人と同程度まで死亡率が減少しています。

 

      


 論文ってなかなか難しいですが、仕事中に座りっぱなしの人は、ほとんど座っていない人に比べ、全死亡率が16%高く、心血管死亡率が34%高くなると考えられます。

 だから座りっぱなしは体に悪いというお話ですが、余暇時間に身体活動を1日30分に増やす事で、仕事中ほとんど座っている場合でも、死亡率の増加を防ぐことができたということです。

 ホワイトカラーといわれる、身体活動量の低い仕事であっても、休みの日の運動量を増やすことで死亡リスクを減らすことができるというのは、救われた気がします。

 

 余暇の運動を工夫してください。

 

Wayne Gao, Mattia Sanna et al .Occupational Sitting Time, Leisure Physical Activity, and All-Cause and Cardiovascular Disease Morta  JAMA network open. 2024

 

                           記事担当:部長さかもと

気温と健康

みなさんこんにちは!

今年度よりブログ班に入りました、PTの池田です。

 

1年間よろしくお願いいたします!

さて4月に入り桜の開花が聞かれるようになりましたが

例年に比べると全国的に開花が遅いそうですね。

 

ここ沢渡でも3月は何度か大雪が降っていたのに

急に暖かくなり桜も咲き始めました。

 

 

私自身、寒いのは苦手なので暖かい春が来たことは喜ばしいのですが、

気象庁が発表した1ヶ月予報によると5月中旬までの平均気温は

10年に1度レベルの高温となるそうです。

 

そこで危惧されているのが「熱中症」です。

 

熱中症というと夏の暑い日に起こるイメージですが、

体が暑さに慣れて強くなった状態である「暑熱順化」ができていないと

熱中症の危険性が高まります。

                              

人の体は動かすと、体内で熱が作られて体温が上昇します。

それに対し発汗による気化熱や、心拍数の上昇、皮膚血管拡張によって体の表面から熱を逃がす熱放散で、体温を調節しています。

この体温の調節がうまくできなくなり、

体内に熱がたまって体温が上昇し、熱中症が引き起こされます。

 

暑熱順化ができていないと、

この体温調節機能がうまく働かない可能性があります。

 

 

対策としては本格的に気温が上がってくる前に

無理のない範囲で運動(ウォーキングや筋トレなど)や入浴で体温を上げて、

汗をかき、体を暑さに慣れさせておくことが大事だそうです。

 

 

病院に入院されている患者さんは

冷暖房の効いた室内にいる時間が長いため

暑熱順化が難しいと思われます。

 

いざ退院した後で暑さに慣れられず熱中症になってしまった

という事態を避けるためにも

リハビリで少しずつ汗をかいていただくのも

大切かと思います。

 

 

そういう面でも効果のあるリハビリを

行っていきたいところです。

 

                              記事担当:PT池田

 

高齢者が転倒することの危険性

 日本理学療法士協会が発行しているハンドブック。今日はそちらから引用した資料を使います。

 

 上の図のように、年齢を重ねると転ぶ割合も増えます。転ぶことが増える事で、打ち所が悪ければ骨折に至ることがあります。

 

 

 転んで怪我をすると言っても、その後の経過は若いときと同じではありません。上のグラフが示すように要介護の原因の13%を占めるのが、転倒・骨折です。

 転んだくらいで何を大げさなことをと思われるかもしれませんが、ちょっとしたことで、入院・手術に至ることもあります。

 

 転倒を防ぐ方法は様々なものがありますが、まずは少し慎重に行動することも大事かと思います。足下の状況をよくご確認ください。

 

 ちょっとした段差に躓いたり、見ていない方向に不用意に進んで躓いたり、水たまりで滑ったり、思ったところに段差が無かったり、あったりで、転倒に至ることは珍しくありません。

 

 注意して、よく見て行動することで転倒を防ぐことが出来ると思います。

 

                           記事担当:部長さかもと

要介護認定率

 先日、介護保険関係者と話しをしていて、疑問に思ったので聞いてみました。

 

 吾妻郡の介護保険認定率はどの位なんでしょうか?

 

 なかなか明確な答えが得られませんでしたので、調べました。

 

 要介護認定者数は令和6年1月のものが最新のようです。

 

 でも、吾妻郡の65歳以上の割合がなかなかわかりませんでした。

 

 行政区として活動することが少ないからでしょうか。

 

 でも、推定値などを利用して何とか計算してみました。

 

これはハフポストから引用しています

 

 吾妻郡の65歳以上の高齢者全体に対する要介護認定率 18.1%

 

 群馬県の65歳以上の高齢者全体に対する要介護認定率 18.16%

 

 ほとんど変わらないですね(^▽^)。

 

 群馬県の高齢化率が推定30.5%前後

 

 吾妻郡の高齢化率が推定40.0%としました。

 

 高齢化が進んでいる吾妻の方が要介護認定率が低いわけですが、これは当院が頑張って居るからと言いたいところですが、そうではなく、吾妻郡では介護保険を利用したサービスが限られていることが原因だと考えられます。

 

ちょっと前のデータです

 

 こういったデータはまた別の分析に活用したいと思います。

 

                            記事担当:部長さかもと

日本食

日本食らしい食事に変えると認知症リスクが低下 | 健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ダイエット 競技力 豊かさ 幸せ探求  - 楽天ブログ

 

 日本人は生活習慣と言う点で、睡眠、運動、食生活のスコアが低すぎるという現状があります。

 

 国立がん研究センターの報告です。

 

 日本食は体に良いと言われてきましたが、本当にそうなのでしょうかというお話しです。

 

 食事調査アンケートの結果から、「日本食パターン」は、先行研究で用いられていた8項目(ご飯、みそ汁、海草、漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶、牛肉・豚肉)の摂取量を点数化する日本食インデックスを使っています。

 

 日本食パターンスコアは、男女別に、摂取量が中央値より多いと各1点、牛肉・豚肉では、摂取量が中央値より少ないと1点として、合計0~8点とします。日本食パターンのスコアを4つグループにして、約19年弱の追跡期間中に確認された死亡(全死亡、がん死亡、循環器疾患死亡、心疾患死亡、脳血管疾患死亡)との関連を調べました。

 

 

 その結果、日本食パターンのスコアが低いグループに比べて高いグループでは、全死亡のリスクは14%、循環器疾患死亡のリスクは11%、心疾患死亡のリスクは11%低かったことがわかりました。

 

 

 今回の研究では、日本食パターンにより全死亡・循環器疾患死亡・心疾患死亡のリスクが低いことが示されました。理由として、日本食スコアが高いグループでは、海草や漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶に含まれる健康に有益な栄養素(食物繊維や抗酸化物質、カロテノイドやエイコサペンタエン酸など)の摂取量が多かったと考えられます。また、各食品の死亡リスクの低下への影響は小さいと思いますが、食品一つだけではなく、日本食パターンとして評価することで、様々な栄養素の作用によって、死亡リスクが低下した可能性も考えられます。

 

 塩分が多いと言われる日本食ですが、カリウムの量も多いことから、ナトリウムが排出されやすいという話もあります。素晴らしいですね。

 

 この日本食スコアを参考に、海草や漬物、緑黄色野菜、魚介類、緑茶を少し多めに摂取することを心がけてはいかがでしょうか。

 

                            記事担当:部長さかもと

尿路(尿管)結石って??

こんにちは!

今年度6年ぶり(?)にブログ班になりました藤嶋です(^^)

よろしくお願いいたします!

 

4月になり、少しずつ暖かくなってきましたね

沢渡は梅や桃が満開になりましたが、桜が見られるのはもう少し先になりそうです。

 

 

さて、、

「尿路結石」「尿管結石」みなさんは聞いたことありますか?

私は先日この尿管結石になり、かなりの激痛を経験しました。。

イムリーなネタとしてみなさんにも共有したいと思いこのテーマでお話しします。

 

腎臓で作られた尿は、尿管から膀胱を経て、尿道を通って排出されます。

この尿の通り道が尿路です。

腎臓でできた結石が尿路に引っかかって痛みなどの症状を起こす病気を総称して

「尿路結石」と呼びます。

 

尿路結石の症状は

☑血尿

☑慢性的な腰痛

☑背中の違和感や痛み

☑腹部から背中、わき腹に起こる筋肉の痛み

 

尿管結石の症状は

☑突然起こるわき腹から下腹部にかけての激しい痛み

☑血尿

☑腰痛

☑冷や汗

☑吐き気、嘔吐

☑顔面が蒼白になる

☑陰部の痛み

               

原因は??

結石は、尿に含まれるカルシウム、マグネシウム、尿酸などの成分が過飽和状態になって結晶化したもので、ほとんどがカルシウムによるものです。

 

リスクが高い生活習慣としては以下のことが挙げられます。

☑水分摂取量が少ない

☑汗かき

☑大食い

☑肉類をよく食べる

☑糖分や塩分の摂取量が多い

☑運動不足

☑尿の停滞・濃縮がある

☑ストレスがたまっている

 

このように尿路結石にも生活習慣が大きく影響していることがわかります。

対策としては、

☑水分摂取は1日2L以上を心がける

☑食事内容に気を付ける

これはすぐにでも取り組めそうな予防策になりますね。

塩分や糖分、脂肪分の多いものを食べすぎないようにすること、結石を作りやすいとされているホウレン草や紅茶、チョコレート、ビール、レバーなどを避け、食物繊維をたくさん摂ることも大事です。

 

バランスの良い食事と水分をしっかり取って、今年度も健康第一で!

頑張っていきましょう~~

 

 

記事担当:PTふじしま

 

【日常生活を便利にさせる物達】

 だんだん春の陽気となってきており暑く感じる日も出てきましたね

 

本日の表題は、先日退院された患者さんからあったご意見を元に書かせて頂きました

片麻痺の女性患者さんから退院前に、「片手でも使える道具を知りたい」

「でも、何を見て良いかわからない」と話しがありました

 

その時思ったのは、確かに知れるツールや参考にできる一覧などがあれば患者さん自身が参考にできるのではないか

 

そのような話しがあったので、今回ブログで生活を便利にさせる道具を紹介させていただこうと思い以下に提示いたします

今後必要と感じる方に届いてもらえれば幸いです

 

 

上記の物は3Dプリンターを使った品物で別県の作業療法士の方が作成し、インターネット販売をしています。だんだん小売店でも片手で使える便利品は増えてきています。上記のような商品があることを知っていただく事で小売店に行った際などに「これは使えるかも!」と思える参考になるといいなと思います。

 

                            記事担当:作業療法

FAC評価尺度と歩行自立度の関連性

FACという評価尺度があります。

 

 

 3が観察、4が平地のみ歩行、5が不整地、屋外歩行自立です。

 

 数字が高くなると、歩行自立度も高くなります。

 

 絵で示すとこんな感じですね。

 

 

 それで、昨年報告したモノを重ねます。

 

 脳卒中患者さんの退院時歩行速度と、FACの関係です。

 

 結果は、こう出ました。

 

 

 FAC3が観察レベルなので、ここからしか歩行速度の計測ができませんので、FAC2や1が存在しないわけです。

 

 グラフは箱ひげ図で、真ん中の黒い線は中央値と呼ばれるものを表しています。

 

 この図からわかることは、歩行自立度が高い人はその分歩く速度も高くできるということなんです。

 

 従って、歩行速度が高まれば、その分、自立度も上がっていく可能性が高くなると考えられます。

 

 どのように上げていくかは、セラピストのスキルに依存するところが大きいですが、早く動けると良いことがありそうです。

 

                           記事担当:部長さかもと

 

自律的な学習者を育てる場所

 これは当院の主任向けに夕礼でお話ししたものです。用語が多少難解なところがありますが、GOOGLEをご活用いただければ、理解も深まると思います。

 

 先日、バタフライエフェクトから始まる答辞を、内容には触れずに紹介しました。その生徒が在籍する高校の校長は、そこに居れば子供が勝手に育つような場所をキチンと用意しなさいと訴えておられました。

 自律的な学習者を作ることで、スタッフだけでなく、患者さんも自身の体や心を良くすることについて、自律的な治療を促す事になるでしょう。患者さんには、よく言いますよね、私はお手伝いをさせていただくだけです。直すのは患者さん本人ですから。

 

diamond.jp

 でも、実際の私達の言動は、この発言に沿って居るでしょうか。ああした方が良いですよ、こうすべきです、それじゃダメですよ、危ないですね、言ったじゃないですか?結構、自律的な活動を促すにはほど遠いものがあります。

 

 以前、ガイダンス仮説というのを紹介したと思います。これによれば、学習にはフィードバックは与えすぎないほうが良いそうです。

 ガイダンス仮説について再度説明すると、 フィードバックは学習者を正しい運動に導くガイドになりますが、フィードバックを頻繁に与えすぎた場合は、それに過度に依存してしまい、内在的フィードバックの処理を無視するようになり、悪影響があるという考えです。

 

 自転車の補助輪が補助輪なしで載るためには、障害になるといわれるようになりましたが、リハビリの際の言語的フィードバックも依存を生むということに繋がります。

 

 一方、視覚的なフィードバックは「多いほど良い」ということが示されています。こと運動学習では、聞くことは少なく、見ることを多くするのが良いとのことです。

 

 言語化されないで行う視覚のみのフィードバックは、過剰依存をつくらず、運動学習に正の効果をもたらすとのことです。もちろんここに解説など加えてはいけません。

だから、リハ中の指示は、どんどん間引いていただきたいと思います。

           リハビリをしている老人のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 うちの子も良く言っていっていて驚きましたが、子供にありがちなのが、「言ってくれないとわからない」という逆切れ発言。

 

 こういう発言が聞かれるときは、たぶん言い過ぎ、指示の出し過ぎです。

 目では見ていて考える分には良いんですよ、内在的フィードバックなんで。でも余計な口は出さないでほしいと思います。

 ここで黙って居られるのが、抑制の効いた良いセラピストであり、よい上司なんだろうと思います。