群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリを施行。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。

サルコペニア肥満

 サルコペニアとは、加齢や運動不足などの影響で、筋肉が急激に減ってしまう状態を指します。「サルコ」は筋肉、「ペニア」は減少という意味です。

 

 運動不足で筋肉を使わないでいると、筋肉は細くなるだけでなく、高齢者では寝たきりの原因にもなります。

 

 筋肉の量が減って体の機能が低下した状態に、肥満が加わったものを、「サルコペニア肥満」と呼びます。

 身長や体重が以前とほぼ同じで、見た目だけでは肥満に気付きにくいですが、筋肉が著しく減っている場合があります。

f:id:sawatarispa:20210225181109j:plain


 昨日の「女子大生でもロコモ」では、筋肉が少なくても、見た目は普通という方が増えているそうです。こういう方では、図右側のBMIは変化しない場合もあります。

 

 このような方では、様々な病気の疾患リスクが高くなる上に、骨折もしやすく、さらに年齢を重ねると、若くして運動器に障害が起きてくる可能性も高いといえます。

f:id:sawatarispa:20210225181842p:plain

 

 サルコペニア肥満になると、糖尿病や高血圧などのリスクが上昇するのに加え、「歩く速度が低下する」「転倒・骨折のリスクが増加する」「着替えや入浴などの日常生活の動作が困難になる」「死亡率が上昇する」など、さまざまな影響が出ます。(図は糖尿病リスク)

          f:id:sawatarispa:20210225182852p:plain

             転倒頻度も増えます。


 一朝一夕では筋肉はつきません。ローマは一日にして成らずです。

 

 食事、運動(筋トレ)、睡眠、年をとってもタンパク質もとりましょう。

 

                        記事担当:部長さかもと

 

若い女性のロコモティブシンドローム

 若年者にもロコモティブシンドロームの発症リスクがあるようです。

 

 日本人女子大学生100名を対象に、横断的調査を行った。

 参加者はロコモティブシンドロームリスクテストに基づいて2つのグループ(ハイリスク群とローリスク群)に分けられた。

 ハイリスク群が全体の65.0%を占めたとのこと。

 

 女子大学生ですけど、本当ですかという衝撃的内容でした。

 

 ハイリスク群では、最大歩行時の歩行速度が低リスク群に比べて遅く、

 歩行歩幅も低リスク群に比べて低かった。

 また、ハイリスク群では、低リスク群に比べて、姿勢がより姿勢を崩していた。

 さらに、低リスク群は高リスク群に比べて中学・高校の運動部に所属している人が多かった。

 

 若年成人のロコモティブシンドローム予防には、①長い歩幅、②正しい立ち姿勢、③若い頃から身につけた運動習慣が重要とのこと。

 

 女子大生がロコモなんて考えたくもないが、リスクは高い。40年後の日本が心配にならないよう筋肉は増やして欲しい。

ロコモを知ろう | ロコモONLINE | 日本整形外科学会公式 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト

                          記事担当:さかもと

 

引用文献:

The Relationship between Locomotive Syndrome Risk, Gait Pattern, and Standing Posture in Young Japanese Women: A Cross-Sectional Study

Yuichi Uesugi 他

 

錯覚はなぜ起こるのか?

みなさん、こんにちは!

今回のテーマは「錯覚」についてです!錯覚といえば「トリックアート展」が有名ですよね!

子供の頃はよく親に連れて行ってもらったり、大人になってからも何回か遊びに行きました!

本当は大きいのに小さく見えたり、角度によって立体的に見えたり・・これがトリックアートの醍醐味ですよね!

 

今回はこの「錯覚」がどういうメカニズムで起きているのか?というのが個人的に気になり、調べてみたので一部を簡単にご紹介したいと思います。

 

まずはこちらの画像をご覧下さい。

 

f:id:sawatarispa:20210222154228p:plain

 

これはエピングハウス錯視というものです。まずは「真ん中の円」に注目してみて下さい!

右側の真ん中の円、左側の真ん中の円、この二つを比べた時にどちらの方が大きい円に見えますか?

 

私はパッと見たときに、素直に左側の円が大きく見えました!

しかし、この二つの円の大きさは同じであり、違いとしては周りの円が小さいか、大きいかによって真ん中の円の大きさが違って見える、というものです。

 

この錯覚には実はこんな矛盾があるとのことです。それは・・・

「目では錯覚を起こしているが、手で触ると正確な位置を触れる」という点です。

不思議ですね(笑)この矛盾の正体は何でしょうか?

 

これは、脳には二つの経路があるから!

①目で見た物体が何であるか?これを形態認知といい、一次視覚野から腹側経路を経由して下側頭葉へ。

②物体がどこにあるか?これを空間認知といい、背側経路を経て頭頂連合野で処理される。

※背側経路は空間認知に加えて、行為を制御する(どのような行為を起こすのか)ための経路もある。

 

つまり・・・

形の視覚的認識とそれに基づく運動は別物であり、知覚と運動はそれぞれ異なる処理経路が存在する!

これが今回紹介した「エピングハウス錯視」に存在する矛盾の正体です。

 

人の脳は視覚的には非常に騙されやすいが、触るとなると正確な位置を触ることが出来るんです!

面白いですね!

 

脳卒中の患者さんの中にはこの経路に障害を受けることがあり、半分の視野を認識しなくなったり、色・物・形を把握できないといった症状が現れることがあります。

錯視から脳卒中の症状まで脳の機能は奥が深いですね。少し脱線してしまいましたが、おうち時間が増えた今、何か面白い刺激が欲しい方はぜひ、トリックアートを見てみるのも良い気分転換になるかもしれませんね!

 

                          記事担当:PT高野

 

継続は力なり!!

みなさんこんにちは。

 

朝晩は、まだ寒い日が続きますが、日中は春のような陽気の日も多くなってきましたね!

 

今日は、以前ご紹介した★ブランケット★を製作された患者さんが、新たな作品を完成させました!!

 

なんとまあ、素晴らしい作品ですね!

 

患者さんにとって、この作品を完成させることが一つの大きな目標となっていました。

 

製作にあたり、疲労の少ない時間を選んで実施したり製作時間もその後の活動に影響がないように調整したりとご自身で生活スケジュールを組み立てて製作しておられました。また、必要以上に肩に負担が掛からないように環境調整をし、様々工夫を凝らしながら遂に完成させて下さいました!

 

完成した際には、いち早く見せに来て下さり、お互いに驚き、達成感と嬉しさを共有することができました。

 

PT、OT、STは、それぞれ専門分野がありますが、教科書で習う身体の事と、実際に評価させて頂いた患者様の状態を照らし合わせながら、その後についてセラピスト間や医師と目指すべきところを話し合ったり予測したりすることも多くあります。

 

しかし、この完成品を見た時に、身体の難しい事は全てどこかへ行ってしまう程、驚きました。

 

本当に、諦めない限り、可能性は無限大です。

 

そして、工夫しながら、毎日少しずつ製作して下さったその過程そのものにもなんだがこちらがとても励まされてしまいました。

 

気持ちがあれば何でも出来る!!

言葉にするのは簡単ですが、体現するのは難しい事です。本当に…

 

我々、セラピストも日々成長です。毎日頑張る患者様達の姿に感化されています。

 

患者さんとの目標共有はとても大切だと思います。そして、目標達成までの過程をよく検討し、評価し、難しければまた目標を設定し直せばいいんです。その繰り返しだと思っています。

 

そして、その目標が達成できた場合は、思い切り喜び合う!その繰り返しが、自信になっていくんだと思います。そして、我々セラピストはそんな関係を築けるように日々精進して行きたいと思います。

 

継続は力なり!!

 

さあさあ、次はどんな作品にチャレンジするのでしょうか★

 

        f:id:sawatarispa:20210218164045p:plain

       ※患者さんには、掲載の了承を頂いております。

 

                          記事担当:OT下田

 

コロナのワクチン接種

いよいよ日本でもコロナワクチンの接種が始まりましたが、

強制ではないため当院でも接種を希望するか、しないかの

確認を終えました。

 

「ワクチン接種どうする?」と聞かれた時、

正直なところ知識がなくて、すごく迷いました。

そこで今回は、あくまで一個人の意見として

ブログにまとめてみようと思います!

厚労省HPを参照しています)

 

  • そもそもワクチンって?

病原体やそれに近いものを接種することで、

その病原体に対する免疫を作る事が出来ます。

免疫ができることで、その感染症にかかりにくくなったり、

かかっても症状が軽くなったりするようになります。

f:id:sawatarispa:20210218104026p:plain

  • どのくらいの効果?

現在あるワクチンとしてファイザー社(米)、モデルナ社(米)、

アストラゼネカ社(英)のいずれも90%以上の有効率があるそうです。

(ワクチン無し1万人のグループで100人が発症した場合、

ワクチン有り1万人のグループでは発症者を10人以下に

抑えられるということです。)

毎年接種するインフルエンザワクチンワクチンの有効率は

20~60%と報告されていることを考えると

コロナワクチンの有効率は非常に高いですね。

 

  • ワクチンの副反応?

効果があるのは分かっても、やっぱり気になるのはこれですね。

一般的にワクチン接種後は、

接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛などの

副反応が起こることがあります。

インフルエンザワクチンの場合でも同じ様な事がありますよね!

コロナワクチンの場合、海外の報告によると

接種部位の痛み、頭痛、倦怠感、筋肉痛などが報告されているようです。

 

疾病対策センター(CDC)は、昨年12月末にアメリカで

ファイザー社のワクチンを接種した189万人の中の21人が

アナフィラキシーを起こしたと報告しています。

21例中、17人にはアレルギーの既往があり、さらにそのうち7人は

アナフィラキシーを過去に経験していたそうです。

絶対とは言えないものの、もともとのアレルギーが無い場合は

アナフィラキシーはそこまで心配しなくても良いのかもしれませんね。

 

また、すでにイギリス、アメリカなどでは接種が行われていますが、

ワクチン接種と明らかな因果関係のある死亡者はいないようです。

 

  • 自分の意見

今回あらためて調べることで、ワクチンの有効性は高いこと、

思ったよりも重篤な副反応のリスクが低い事を感じました。

その反面、ワクチンの効果持続期間や再接種については

接種が始まったばかりということもあり

不透明な部分があることも感じました。

接種は強制ではなく、あくまで個人の選択になりますが

調べてみて、考えてみた結果、

僕は接種してみようかと思っています。

 

今回は一個人の意見でしたが

同じように悩んだ方がいれば、

自分の身体の状態や

ワクチンの「効果」「リスク」を検討した上で

決めるのも良いかもしれませんね。

f:id:sawatarispa:20210218104223p:plain

                          記事担当:PT小竹

おうちで脳トレ

 

みなさん、まだまだコロナが収束しませんが、いかがお過ごしでしょうか?

 

おうち時間を楽しんでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私も子供とバドミントンやなわとび、読書、脳トレをしたりと

 

楽しみを見つけて過ごしています。(↓我が家の脳トレ本の一部)

 

 

                                         f:id:sawatarispa:20210218090206p:plain

 

コロナ禍のなか、運動不足対策で散歩や筋トレを行っている人は

多いと思いますが、頭の体操も結構大切です。

 

社会参加場面も少なくなり、ボンヤリと過ごしてしまっている人も

いらっしゃるかもしれません。

 

本屋さんに行くとナンプレ・間違い探し・点つなぎ・クロスワード

様々な脳トレ本があります。

 

認知機能維持・拡大のため、おうちで脳トレはじめてみませんか?

 

      

                          記事担当:ST田村

メンタルヘルス

 コロナ禍でうつ症状を訴える高校生が増えているとのこと。

           f:id:sawatarispa:20210216172403p:plain

 国立生育医療研究センターの調査では、半数以上にうつ症状を認め、3割が中等度以上だったとのこと。

 

 調査は、昨年11~12月、インターネットで実施。

 小学生~高校生の計715人から、直近1週間の心の状態を探るため、「気分が落ち込む」「疲れた感じがする」など9項目について、「ほとんど毎日」から「全くない」まで4段階で回答を得ました。

 結果、高校生(344人)の30%に中等度以上のうつ症状があることが判明。小学生(261人)の15%、中学生(110人)の24%も同様とされました。

 

 高校生がうつ傾向にあるなんて、なんと悲しいことか。

 コロナ禍で友人と関わりを持つことを制限されるということは、ここまで大きな影響があるのかと驚きました。

 

 しかし、この交流の制限、活動が制限されることに繋がっていないでしょうか。

 人と関わり、コミュニケーションをとることに制限はありますが、運動などを含めた活動には制限が少ないはずです。

 

 ここで、アメリカの120万人を対象とした研究を紹介します。

 運動をしている人は、運動をしていない人に比べて、1ヶ月に1.5日少ない精神的な健康状態の悪さを報告しており、運動した人は43.2%の減少(運動をした人は2.0日、運動をしなかった人は3.4日)でした。

 メンタルヘルス不調日数の減少は、うつ病と診断されたことがある人ほど大きく、診断された方の中で、運動しない人に比べて3.75日減少しており、34.5%の減少(運動した人は7.1日、運動しない人は10.9日)となっていました。

 

 さらに研究は、チーム スポーツ、サイクリング、エアロビクス、ジムに行くことが関連付けられていることがわかりました。また、家事をこなすことでも改善が見られました。

 さらに、長時間の運動が良いとは限らず、週に 3 ~ 5 回 45 分間運動することが精神的な健康につながることがわかりました。

(一日3時間以上の運動は逆に精神状態の悪化を招くようです)

 

 うつ状態はもちろん運動だけで解決するわけではないと思います。しかし、精神状態が悪化するのに、活動量低下が関係しているのだとすれば、どう防げば良いかも少し考える事ができるのではないでしょうか。

 

 これは高校生だけの話ではないと思います。人類全体が同じ状況にありますので、週3回以上の運動をどうやってするべきなのか考えていただきたいと思います。

 

追伸:最近若い脳卒中患者さんが増えているように思います。コロナ禍が関係なければ良いですが、運動不足が体を蝕んでいるのだとすれば、予防に心がけたいと思います。

                    

                        記事担当:部長さかもと

 

二重マスクよりフィット感を大事に

二重マスクが流行りだしていますが、、

 

細かい数字を出すと余計にわかりにくくなるので、今回はやめておきます。

 

フィットするマスクをキチンと装着することで、感染拡大を防げる可能性があります。

 

特に不織布2枚重ねは全く意味をなさないようで、

            f:id:sawatarispa:20210215160917p:plain

効果的なのは、不織布マスクの上から布マスクをすることで、マスクのフィット感を向上させ、隙間からウイルスの侵入を防ぐことのようです。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が2021年2月10日に発表しました

 

これ以外にも、ノーズワイヤー付きの不織布マスクを利用したり、布マスクの代わりにマスクフィッターを使用することで、マスクの密着度を増やします。

 

  f:id:sawatarispa:20210215155543p:plain
 

N95マスクの上に他のマスクを重ねることも推奨されないそうで、N95マスクを利用する場合には単独で用いるようにしてください。

 

従って、マスクを二重にするということに意味があるのではなく、

 

マスクの密着度を上げれば、感染予防に繋がります。

 

こちらを重視してください。

 

よく見る「鼻出しマスク」。これはほぼマスクしていないのと同じですね。

 f:id:sawatarispa:20210215154627p:plain


                          記事担当:さかもと

「お手玉を作って頂きました」

 私達はリハビリを行う際に色々な道具や物を使います。

 その中の一つに「お手玉」があります。

 お手玉は最近の方はあまり馴染みがないかもしれませんが、日本の伝統的な遊びの一つです。お年寄りの方にお手玉を渡すと、「小豆を入れてよく作ったんだよ」などの発言が聞かれ、こちらが何も言わなくてもお手玉を上へ投げて、落ちてきたところを取るなどの行動がみられる事があります。

 

 そんなお手玉の特徴について説明したいと思います。

 お手玉を握ると「ジャラジャラ」と音が鳴るため、聴覚刺激が入ります。

 また持った時に適度に重さがあり、握ると中の小豆が動く手にフィットしやすく感覚入力を行いやすい道具であると思います。

 さらにお手玉は「投げる」「握る」「積み上げる」など遊び方はたくさんあります。

 そのため私はよくリハビリで使用します。

 

 しかし、使う機会が多く、お手玉の糸が解けてしまい、中の小豆がでてきてしまう物もありました。今回は洋裁が得意の患者さんがお手玉を作ってくださいました。

 色々な柄でとても上手に作ってくれたので、これからも大切に使用させて頂きたいと思います。

 

         f:id:sawatarispa:20210215110238p:plain

 

                          記事担当:OT粕川

変形性膝関節症の痛み

膝の変形性関節症。膝OAと略すこともあります。

 

OAとはOsteoarthritisの略です

 

膝のOAが進行してくると、膝の痛みが増えます。

 

これを改善する方法で根拠のあるものとして、股関節の外転筋力を鍛えることが挙げられます。

 

この筋肉を鍛えることで、痛みが減ります。

 

こういう運動です。

 

f:id:sawatarispa:20210212174925j:plain

 痛みのある方の脚を、真横に持ち上げてください。

 

              f:id:sawatarispa:20210212175017j:plain

 立ったまま、椅子などにつかまって、脚を真横に挙げることも良いでしょう。この運動は、ゆっくり左右交互に行ってください。

 

 膝の痛みが少しでも楽になっても、そこでやめないでしばらく続けてください。完全に痛みをなくすことは難しいと思いますが、少しでも楽になったら幸いです。急激な動きは避けてください。

 以上、膝の痛みワンポイントでした。

 

                            記事:さかもと