群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

「救命措置について」

 先日SNS上で「AED」が話題になりました。話題自体はセンシティブな要素を含んでおり、ここで書くと偉い人に怒られそうなのでやめておきます。

 

 今回はその話題を見た時、自分の持っている救命措置の知識は正しいのかが気になり調べ直したところ、2点ほど勘違いしやすいことがあったので、その事についてお伝えしたいと思います。

 

1.人工呼吸は不要?

 人工呼吸は心肺停止時などの救命措置の行動として思いつく行動としてよく上がると思います。しかし、この人工呼吸に対しては「気道を確保すれば胸骨圧迫すればいい」「マウスピースが無ければ感染症があるからやらない方がいい」というような話が漫画などで出てくることがあります。これは誤りで、医療従事者が受ける一時救命措置(BLS)の研修などには、今現在も人工呼吸の有用性が認められており、項目に入っています。ただ、過換気は危険なことであるため、対象が大人・子供問わず1回1秒でいいことも覚えておくといいと思います。

2.過呼吸に紙袋

 過呼吸を起こした際の対処法として、口に袋を当てる「ペーパーバック法」が有名だと思います。しかし、今現在ペーパーバック法は逆に危険であることがわかり使われなくなっています。

 過呼吸の原因としては心理的なストレスの他、喘息などの呼吸器疾患や心不全などによる心疾患、糖尿病などを伴う方がパニックを起こした際によるものが存在しています。それらの人への対処としては、心理的なものであれば、横にするなどして落ち着かせ、過呼吸は必ず落ち着くことを伝えて上げて下さい。また、喘息発作や過呼吸を起こやすい人は吸入薬や頓服薬などを所持している方もいるので、それらを使用する事も対処に繋がります。

 救命措置の方法も新しい情報で更新されることもあり、ここで書いた事も更に変わるかもしれません。

 自分も今度BLSについての研修を受けるので、方法などを覚え直し、緊急時でも適切に行動出来るよう心掛けていきたいです。

 

                                記事担当:OT室

栄養とリハビリ

 いきなりですが、みなさん食べる事は好きですか?

 

 好きな食べ物はお寿司とうどんと言うが、それに勝るくらいオムライスとハンバーグが大好きな田沼です。(後者をいうとお子様ランチかよと言われるので隠してます...)

 

 よく「一番幸せな時はいつですか?」と聞かれたときに「食べている時です」と答える方、多いと思います。私は食べている時はもちろん、美味しそうに食べている人を見ている時も幸せを感じます。

 

 今回は栄養とリハビリテーションについてお話ししようと思います。

 

 栄養を摂るには食べる事が必須です。しかし、入院されている方、特に高齢の方は食欲がないと言う方が多い印象です。食欲(しょくよく)とは、空腹(くうふく)として感じられる食物を食べる願望であり、睡眠欲及び性欲と並ぶ人間の三大欲求の一つとされています。夏バテや秋バテといった言葉があるように、季節の変わり目で食欲不振になることが多いと言われていますが、みなさんいかがでしょうか。

 

 当院のように、発症後早期に入院してくる回復期リハビリテーション病棟の患者さんは入院時の栄養状態が必ずしも良好ではありません。

 

 そこで栄養とリハビリテーションです。疾患やその治療の過程で筋肉量が減少し、体力が低下してしまった患者さんにはリハビリテーションによって筋肉量と体力を向上させることが必要です。しかし栄養状態が良くないと「筋肉量を増やす運動」が更なる栄養状態の悪化を招いてしまいます。筋肉の合成にはタンパク質とエネルギーが必要です。低栄養状態で過度の運動を行うと既存の筋肉を使ってエネルギーを得ようとするため、かえって筋肉量は減少してしまいます。

 

 

 栄養面にアプローチすることで、全身状態の改善及びリハビリの効率が良くなることに繋がります。

 私も栄養面まで目を向けられるPTになれるよう精進します。

 

 最後に、これは豆知識の1つですが、スマホブルーライトは食欲にまで影響するそうです。夜遅くスマホを使うと食欲が増進する可能性があります。ブルーライトの影響でストレスホルモンのコルチゾールと空腹ホルモンのグレリンの量が増え、グレリンは身体に脂肪を貯めやすくするそうです。体重を気にしている方、参考にして頂ければと幸いです。

 

                               記事担当:PT田沼

 

音楽がもたらす影響

こんにちは!

初めまして、新入職員のPT伊藤です。

 

学生時代に当院に実習に来てから、先輩方の人柄の良さとリハビリの充実さに惹かれ、ずっと就職したいと考えていたので、ここのスタッフの一員になれたことを嬉しく思います。

自分らしさを忘れずに頑張っていきたいと思います。よろしくお願いいたします!

 

私の趣味は音楽を聴くことです。以前はライブや音楽フェスへよく行っていました。

好きな音楽を聴くとテンションが上がり、「また頑張ろう!」という気持ちになれます。

 

そこで、音楽が体にもたらす影響についてまとめてみました。

 

① 生理的・身体的レベルの直接的な影響

  音楽を聴くと自律神経系に作用して、心拍や血圧が変化し、

  興奮や鎮静、リラクゼーションなどの効果がもたらされます。

                             

② 間接的な影響

  聴いている音楽自体ではなく、音楽を聴くことによって思い起こされる記憶や感情も影響を与えます。子ども時代や青春時代に流行した歌を聴くことで、当時の記憶がよみがえり、楽しかった思い出に浸るうちに、心が明るくなることもあります。

 

③ 人々をつなぐ社会的側面

  同じ音楽を聴いたり歌ったりすることで、親密感や仲間意識が芽生えます。

                             

 また、音楽の気分誘導効果として、悲しみが強い時は悲しい音楽を好み、悲しみが弱い時は明るい音楽を好むという論文もあります。おもしろいですね。

 

 私がよくお世話になっている某CDショップのキャッチコピーは「NO MUSIC NO LIFE」です。この言葉の通り、自分の好きな音楽を楽しみながら、日々精進していきたいと思います。当院で私と一緒にリハビリをする機会がありましたら、ぜひぜひみなさんの好きな音楽を教えて下さい♪

                   

                               記事担当:PT伊藤

 

新人さん紹介 Vol.3

みなさんこんにちは!

 

ブログ班のPT池田(み)です。

 

今回は新人さん紹介第三弾ということで、理学療法士2名の紹介をします。

 

 

すごい身長差の2人です!

写真撮影時、とても盛り上がりました笑

 

 

簡単に自己紹介してもらいます。

 

【名前】きたむら (写真向かって左)

 

【簡単な自己紹介(単語3語でババっと!)】

 二郎系 ラーメンが 大好きです!!

 

【趣味】

 バドミントン 音楽鑑賞

 

【こんなPTになりたい!!!って理想】

 仕事と趣味を全力で取り組めるPT!!

 

 

【名前】おのだ (写真向かって右)

 

【簡単な自己紹介(単語3語でババっと!)】

 メガネ 少し変わった性格 153㎝

 

【挑戦したいこと】

 叙々苑に行って、お腹いっぱい食べること(値段を気にせず)

 

【こんなPTになりたい!!!って理想】

 患者さんにワクワクを提供しながらのリハをする

 

 

 

それぞれ理想のPT像をしっかりもっていて素晴らしいと思います!

 

私自身2人と話していて気づかされることもたくさんあるので、

先輩としてサポートしつつも一緒に成長していけたらと思います。

 

                              記事担当:PT池田み

趣味を持つこと

コロナ禍と酷暑の中、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

自粛、自粛、自粛!と言われるこのご時世、ストレスが溜まりますよね。

私もその中の一人です。そのため、密を避けて楽しめる趣味を模索中です。

 

今日は、趣味をもつメリットについてお話したいと思います。

 

趣味を持つメリット

・ストレス解消になる

・新しい発見や出会いがある

・何かしらのスキルや知識が身に付く

・生活にメリハリが出る

・話題が増える

・生きがいになる

・プライベートが充実する→仕事も頑張れる

趣味をもつことは良いことがたくさん!

そのなかでも「プライベートが充実する→仕事も頑張れる」について興味深いものがありました。

 

研究で、首都圏に住む20代のビジネスパーソンの皆さんから、趣味と仕事への取り組み方について調査したところ、以下の結果になったようです。

現状の仕事について、「自分の力を発揮できている」「仕事が楽しい(充実している)」「責任のある仕事を任されている」「成長意欲がある」ことに「そう思う」「どちらかというとそう思う」と答えた人の60~75%が、「自分には趣味がある」と回答しているのです。

趣味が充実している人は、仕事も充実しているというのは本当か?でも、「自身のスキルアップになっている」「新しいことに挑戦している」「給料・待遇に満足している」に対して「そう思う」「どちらかというとそう思う」と答えた人の中で、「趣味がある」という人と「趣味がない」人の差は約2倍もありました。

 

これは趣味のある人の方が、公私ともにアクティブであり、現状の自分のあり方にも満足していて、人生に前向きであることを示しているようです。

 

私は、患者さんに趣味をきくことを常に意識しています。理由は、趣味の楽しさを知っているから。模索中とは言ったものの、私自身多趣味で、休日はとことん楽しんでいます。だからこそ患者さんが好きなことがあるのであれば入院中や退院後にも継続してもらいたい。

なので、趣味に繋がるようなリハビリのプログラムがたてられたらいいなあと思っています。

 

現在、趣味がないよという方、ぜひ楽しめるものを探してみて下さい。

ちなみに多趣味の私が最近一番ハマっている物は古着です。出費が多いのが難点ですが、趣味にはお金をかけたいタイプなので割り切っています。

趣味をみつけてコロナに負けないくらい人生Enjoyしましょう!

 

                               記事担当:PT田沼

どうして動物は誤嚥しないのか

 水を飲んだタイミングやご飯中、ムセて苦しい経験をしたことがあると思います。さて、動物(四足歩行)も同じようにムセるでしょうか??

 

答えは「ムセない」だそうです!

 

なぜかというと…飲み込む道と呼吸の道が立体交差になっているため誤嚥や窒息は起こらないそうです。

すなわち動物は空気の通路は常に確保されていて呼吸をしながら食べ物を飲み込むことができるのです。

 (猫や犬は立体交差が老化によって弱くなり誤嚥することもあるそうです…)

これは人にもっとも近い哺乳類であるチンパンジーでも同じなのです。

 

どうして人間は誤嚥するような構造になったのか。

それは話すことができるようになったのが、この構造になった理由だそうです。

もし、食事中ムセてしまったら、しっかり咳をして誤嚥してしまったものを出しましょう☆

 

              

                              記事担当:ST横山

お家時間を充実させるアクティビティ

毎日暑い日が続いていますが、皆さん体調など崩されていないでしょうか。

コロナ対策に加え酷暑で、なかなか外にでにくい日々が続き、お家時間が増えているのではないでしょうか。

そんな時期にぴったりのアクティビティをいくつか紹介したいと思います。

手先を使う作業は、行う事で脳の活性化に繋がり、認知症予防にも効果があると言われています。また、何かしようと考え想像することで、脳の血流が良くなり認知症だけで無くうつ病など心の病気の予防や改善に期待できます。

昔からあるものでは、塗り絵や貼り絵、編み物や縫い物、革細工や日曜大工等があり、最近ではUVレジンでアクセサリー等を作りネット販売されている方も多いようです。


今の時期は、子供が夏休みに入ることもあり手芸店やホームセンターで手軽に出来るアクティビティが色々と紹介されています。

是非一度覗いて見てください。

思いがけず興味を持てるものに出会えるかもしれません。

皆さんの生活がより充実した物になるきっかけになれば幸いです。

月曜まで本格的な暑さのようですが、心身の健康に気を付けてご自愛ください。

 

                                記事担当:OT室

自主練習

梅雨明けですね。高温の日が続く時期ですが、みなさん体調管理はできていますか。

 

以前当院でクラスターが発生した際、個別リハビリが出来ない間、患者さんが自主トレ出来るように資料を作成し配布しました。その際、積極的に自主トレを行っている方と、行っていない方を見て、自主トレを行っている方と行っていない方では機能改善にどのような影響があるのかなと思ったのを思い出し、調べてみました。

 

自主トレの効果ですが、個別リハに加え自主練習の提供も積極的に行うことで、ADL能力の効率向上がより得られ、病棟生活において車椅子から歩行への移動手段獲得が早期にできる可能性があるという研究結果がありました。やはり、自主トレは効果的なのだなと思いましたが、患者さんから「1人だと毎日続けるのはなかなか難しいよね」と聞く事が多いのが現状です。

 

 

なので、次は自主トレの定着度について調べてみました。

研究では、入院患者において自主トレの定着効果には一般性セルフエフィカシー尺度(GSES:自己効力感)が関与しているそうです。GSESは個人が生活していく状況の中で、困難な状況にどの程度耐えられるのかに関連する要因であり、広い意味での精神的健康と密接な関係があるといわれています。その得点が高い個人ほど困難な状況で、「問題解決行動に積極的に取り組み、自分の意志、努力によって将来に展望をもつという時間的展望に優れる」

「自分の行動は努力や自己決定の結果であるという意識が高く、何に対しても努力しようという態度がみられる」

と考えられています。自主トレという課題に対してGSESが高い患者ほど積極的に行い、定着するということがわかりました。

今後自主トレの定着効果を求めるうえで、GSESがその指標となる可能性があります。

GSESが高い患者は、自主トレ定着に対し特別な関わりを必要としないが、GSESが低い患者は、積極的に取り組むことが困難な場合があり、自主トレの提案方法や自主トレ提案後のセラピストの関わり方などに何らかの工夫が必要になると考えられた、とあります。

当院では、MSTと言って、集団で運動したり水中運動等も行っているので、個人的には1人で自主トレを継続するのが難しい方は、MSTをうまく活用すれば、それも自主トレと言っていいのかなと思います。自主トレを行うことによって機能改善向上に効果があることが分かったので、動ける方にはどんどん自主トレを指導していきたいと思います。

                               記事担当:PT田沼

インフォームドコンセント

 みなさん、こんにちは。

 梅雨入りし、雨の日が多くじめじめした日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。私は雨が嫌いなので天気の悪い日は、気分もあがりませんが、農家の方は雨が降ると助かるという方も多いようですね。コロナ禍でイベント事が減少しているので、季節を感じにくいですが、天候や気温、木々などの自然からは季節を感じることができますね。

 

 今回はインフォームドコンセントについてお話ししたいと思います。

 

インフォームドコンセントとは「説明と同意」のことを言います。

理学療法士の職業倫理ガイドラインによると、

1)患者および対象者の請求に対し、あるいは請求が無くても必要により、患者および

対象者と家族へ、状況を説明する義務がある。

2)説明においては、医師およびチームメンバー(スタッフ)と協調して連携のうえ、診

療や指導の方針と説明の範囲を確認しておかなければならない。

3)医師から判断を任されている事項については、患者および対象者に協力を求めるこ

とで責務に対する働きかけを行い、患者および対象者の同意を得なければならない。

4)判断能力のある患者や対象者が求める範囲が説明義務となるが、患者や対象者には

「知らされない権利」もあることを承知しておく。

と書かれています。

 

 患者さんと信頼関係を築くためには、とても重要なことだと思います。

 しかし、患者さんには「言っていることが難しくてよく分からない」と言われることが多いのも現状です。実際、私も医療用語をかみ砕いてどれだけ患者さんに分かりやすく説明するかに奮闘しています。インフォームドコンセントを得るのは大変です。

 

 もっと、伝え方が上手になりたいと思い「伝え方が9割」という本を読んでみました。

 インフォームドコンセントのお話しからは少し離れますが、私がすごく印象に残った文を紹介します。

 

ボブ・ムーアヘッドさんの「 この時代に生きる 私たちの矛盾 」

 

ビルは空高くなったが 人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 得る物は少なく

たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている

より便利になったが 時間は前よりもない

知識は増えたが 決断することは少ない

薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

生計のたてかたは学んだが 人生を学んではいない

月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない

空気を浄化し 魂を汚し原子核を分裂させられるが

偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 待つことは覚えず

計画は増えたが 成し遂げられていない

情報を手に入れ 多くのコンピューターを用意しているのに

コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く 体は大きいが 人格は小さく

利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに 家族の争いはたえず

レジャーは増えても 楽しみは少なく

たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない.....

....人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない

どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

 

 

長すぎるので本の一部を抜擢させてもらいましたが、いろいろ考えさせられますね。

「どれだけ心の震える瞬間があるか…」。とても奥が深い文章だなあと感じました。

私自身もそうですが、患者さんにも心震える瞬間があるようなリハビリを提供していきたいと思います。

 

明日からは酷暑が予想されていますが、体調管理をしっかりし暑い時期を乗り切りましょう。

 

                                  PT田沼

暑さ指数と熱中症

梅雨に入り湿度も気温も上がり蒸し暑い季節になり、マスクをしているのがより一層鬱陶しく感じるようになってきました。

 

皆様はこのマスクをつけている熱苦しさ、鬱陶しさをどのように解決、または工夫していますか。

私は、リハビリの合間に水分補給を多くしたり、口のまわりがベタベタしてきたら拭くくらいしかできていません。氷をくわえながらマスクができたら涼しく過ごせるかもしれませんが、これは仕事中では不可能なので何か涼しく日々過ごせる方法がないか模索しています。

 

今回これから書かせてもらうのは、涼しく過ごせる方法ではなく、マスクをしている事での脱水・熱中症リスクについてです。

厚労省でも注意喚起していますが、マスクしているとマスク内の温度の上昇、放熱できなくて体温調節が難しくなったり、口の渇きに気付きにくく気が付かないうちに脱水などになる事もあります。

     

上図は熱さ指数(WBGT)と熱中症の関係を表しています。

仕事などしていると温度をみて休憩をとることは難しいと思います。そこで、休める時に水分補給を行ったり、冷房の使用や扇風機の設置を行い、暑さ対策を行えるといいのかなと思います。

 

これから更に暑くなってくると思います。暑い中仕事をして疲れた時は冷え冷えのアイスやビールなどご褒美を用意して、ストレスと暑さを吹っ飛ばしましょう。

(アイスやビールは水分としてカウントはできません)※さかもと

 

                              記事担当:OT藤田