群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

脚を前後に開く歩き方

リハビリ中の患者さんや、ご高齢になると、歩幅が小さくなり
前後に脚を開いて歩くことが少なくなります。

原因は、麻痺や筋力低下など様々ですが、
少しでも大股で歩く努力は必要です。

イメージ 1

 特に悪い方の脚を後に持って行くように歩くと、
筋肉の活動は、前に出した時と逆に働き、
この切り替えができにくいことでも、大股で歩くことが難しくなります。

 しかし、麻痺や筋力低下があったとしても、少しずつ歩幅を伸ばす努力をすることで、その活動に対して人間は適応して、筋力等の改善につながっていきます。
 歩行速度を上げるためにも、脚を体幹(骨盤)よりも後に蹴り出すことが必要といわれます。
 蹴り出しを意識した歩行を心がけましょう。