群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

寝るだけダイエット

 そんな都合のよい方法があるわけないと思っていたら、やっぱりありませんでした。

 

 でも、この回答は、半分正解だったということがわかりました。

 睡眠不足は、肥満につながることが知られています。ならば、十分に眠れば体重は減るだろうか。米シカゴ大学の研究チームが追究した。

 

 研究者は、普段6.5時間未満の睡眠しかとらない80人を睡眠カウンセリング群と何もしない対照群にわけ、睡眠時間と摂取エネルギー量との関係を調べました。

 

 参加者は21~40歳の男性41人、女性39人で体格指数(BMI)が25~29.9と米国基準の「過体重」で、日本の「肥満」に相当する人。

 カウンセリング群は、睡眠時間を8.5時間に延長することを目指し、カウンセリングを受け、調査期間中の睡眠-起床スケジュールの指示を受けた。

 睡眠時間はウエアラブルデバイスで、摂取エネルギー量は尿検査から客観的に測定したそうです。

 

 その結果、調査期間の2週間でカウンセリング群の睡眠時間は、平均1.2時間延長しました。しかも、食べる量が減り、1日の摂取エネルギー量が平均270キロカロリー減少しました。

 寝ると代謝が活発になるのではなく、摂取カロリーが減少し、結果的に痩せるとの事です。

 

ダイエットの検索結果 | かわいいフリー素材集 いらすとや

 睡眠時間が少ないと、体が危機感を覚え、栄養を蓄える方向に進んでしまうようですね。

 

                              記事担当:リハ部長

 

Effect of Sleep Extension on Objectively Assessed Energy Intake Among Adults With Overweight in Real-life Settings: A Randomized Clinical Trial.