群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

「脱・冷え」

皆さんこんにちは!


早いもので、もう1月半ばです。今年は平成最後の年ですが、平成生まれの私としては何だか寂しい気がします…。


でも平成最後の年だからこそ、決めた目標に向かって頑張りたい!!


「よーし!今年も頑張るぞ!」と、気合いを入れてみましたが、気持ちとは裏腹に身体の変化を感じる今日この頃…(泣)。


特に手先、足先の冷えが前よりひどくなった気がします。


皆さんはどうですか?冷えに悩んでいる方は意外に多いのではないでしょうか。

 

そもそも「冷え」とは何なのか。


原因として一般的に言われているのは、筋肉量の低下や、自律神経のバランスの乱れ、体内水分の循環不良(発汗ができない)などです。


人によって、どれが最も大きな原因なのかは様々だと思いますが、改善するには基礎代謝を上げ、血行を良くすることが最も効果的だと言われています。


こう言うと、「どうせ運動でしょ」と思った運動嫌いなあなた!あきらめないで!


「運動」と言っても最初からそんなに大変なことをする必要はありません。

 

実は、当院の医療体育室が行っている足腰体操の中にも冷えの改善に効果があるものがいくつかあります。


今日はその中から1つ、紹介したいと思います。

「足趾(足の指)・足部の運動」です。

 

イメージ 1

※下肢に血栓がある方は医師に相談してから行って下さい。

 

現代人は、足の裏や足の指をうまく使えていない人が多いそうです。その為、心臓から遠い足部は冷えがちに。


ただこの運動で、指先から足全体にかけて力を入れることにより、筋肉がポンプ作用のように働き、心臓へ血液を戻してくれます。

また、この運動を続け足の裏が上手く使えるようになると、足全体の筋肉がバランスよく使え、さらに血流が良くなります。


ちょっとした日常の合間にできる内容なので、ぜひ手が空いたときにやってみて下さい!


それでは、健康に過ごせる一年になりますように!

また会いましょう~

 

担当:医療体育室(MST) 杉村