群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

着替えの自立を目指して~自助具と方法の工夫~

今回はタイトルにもあるように上着の着替えを1人で行えるよう患者さんと学生さんと一緒に考えました。
 
この方は右肩の力がなく、空中で腕を保つ事が困難でした。


そのため前開きのシャツを着替える際に服が肩から落ちてしまい、うまく着替えられませんでした。どうしたらいいか考えていると患者さんが自ら、たまたまそばにあった椅子に手をかけて肩を空中で保った状態で行いました。


すると肩まで服を通す事ができました。(図1
患者さんに教えて頂くことも多い事を改めて感じました。
 
また指先の感覚が悪く細かい動きが苦手でボタンがうまくつけられませんでした。
そこでインターネットの情報を参考に自助具を作ってみました(図2)。
100円ショップで縄跳びとハンガーを購入し作成しました。
いざ確認してみるとうまくボタンをつける事ができました(図3)。
自助具等を使用することで少しでも自分でできる事が増えればいいなと感じました。

イメージ 1    イメージ 2
             図1                           図2

イメージ 3
図3

                                   担当記者:OT粕川