群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

『作業療法室でこんなもの作っています』

 以前の記事で、作業療法(OT)室では折り紙を使った作品や料理など紹介してきましたが、今回紹介するのはこちら!
イメージ 1

 スプリントはあまり馴染みが無いかと思いますが、患部の固定や変形の矯正など安静時の関節の保護に使うときもあれば、運動を補助する訓練的な要素として使用する場合もあります。

 一枚のスプリント材を用途に合わせて形を作っていきます。
 熱ですぐに柔らかくなるのですが、冷めるとすぐに固まってしまうため、スピードと技術が要求されます。手の専門職としては身につけておきたい技術です!

イメージ 2

 これは、OT職員が患者様にスプリントを提供した時の写真です。この時は仕事でも使える物が欲しいと要望があり、試行錯誤しながらも手際よく形を整え、見事に装具を作り上げていました。

イメージ 3

 装着するとこんな感じになります。

イメージ 4

 このようにOTは色々な道具や視点から、患者様の生活を考えていく事が求められます。
 さまざまな道具を認識し、柔軟に物事を考えられることをOTとしての強みとしていきたいと思います。