群馬リハビリテーション病院 リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使し、多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。

車椅子上での麻痺手の管理について

  私が担当させていただいた患者さんで、車椅子乗車時に麻痺手に痛みを訴える方がいらっしゃいました。

 

 脳卒中で上肢の麻痺が強い方は、車椅子に乗っている際に麻痺側上肢の管理が不十分になったり、ポジションが悪いと痛みが発生するケースがあります。

 

 そこで学生さんが一生懸命にクッションを作成してくれました(図1)。

 

            f:id:sawatarispa:20200106094937p:plain


 今まではカットアウトボードというボードを使用し対応していましたが、手の形にフィットしにくい事や紐をつけてしまうと自分では付け外しがしにくいという問題があると感じていました。

 

 そこで今回はクッションにバンドをつけました(図2)。

 

            f:id:sawatarispa:20200106095021p:plain


 そのため患者様自身で取り外しがしやすくなりました(図3)。

 

            f:id:sawatarispa:20200106095100p:plain


 また、クッションをつけることで、より手の形にフィットしやすくなりました。

 

 患者さんもクッションに名前をつけて気に入ってくださり、嬉しかったです。

 

                          記事担当:OT粕川