群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

歩行安定性や速さを上げるには体幹機能が必要

普段、患者さんには頑張ってリハビリしていただいていますが、

セラピストに誘導されて行うだけでなく、

自分で動ける範囲を広げることも大切です。

イメージ 1

椅子に座ったままで、背筋を伸ばし、骨盤を倒すようにして体を前に倒す練習や

イメージ 2
仰向けでヘソをのぞき込むようにする、腹筋強化訓練

また、この姿勢でお尻を持ち上げる訓練など

ご自身でできる体幹訓練も沢山あります。

最近流行のコアトレーニングですね。

筋肉痛にならない程度に回数は決めてください。