群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

中殿筋が弱いと歩くとき体が傾きます

 中殿筋という股関節を外に開く筋肉が弱い場合、
歩行時など片脚で立つ際に、悪い方と逆の臀部が落ちる
aのような姿勢になってしまう場合と
bのように悪い方に体が傾く姿勢をとる場合があります。

それぞれ、力学的な意味は少し違いますが、
どちらも中殿筋の筋力低下が原因といわれます。

イメージ 1

このような歩き方を跛行(はこう)といいますが、キレイに歩けた方が、効率がよく、痛みも少ない歩きかたができるので、リハビリでは皆さん下の動画のような運動をされています。


Side Lying Hip Abduction

筋力強化という点では負荷量が少なく、自分の脚の重さを利用した運動ですが、これでは負荷が少ない場合もありますので、当院では下の機械も活用しています。

イメージ 2

空圧式で過剰に負担が掛からないのが良いところです。
使い方は担当理学療法士にご相談ください。