群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリを施行。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。

自己練習

今日は骨盤おこしのご紹介をします。

 

早速ですが方法です。

 

 

椅子に浅めに腰かける

 

腰に手をあてる(絵では太腿に手を置いていますが、腰の方が骨盤の動きがわかりやすくなると思います)

 

1.おなかをへこませるように背中を丸める

 

2.へそを前に突き出すように背筋を伸ばす

     f:id:sawatarispa:20210112162819p:plain

姿勢が普段から乱れている方は、屈曲弛緩現象によって、腹筋・背筋の力が弱くなっていることがあります。

 

姿勢を良くするにはまずは骨盤起こしから。

 

脳卒中後などでは、体幹にも力が入りにくく、座ることができる方でも骨盤を起こすことまでは難しい方も多いです。

 

1~2を繰り返し、一日10回から20回。ご自身の体力に合わせて前に転ばないよう行いましょう。

 

                          記事担当:さかもと