群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

今更ながら、歩行アシスト・・すごいです


7月のガイアの夜明けで放映された、”HONDA歩行アシスト”のドキュメンタリーです。

伊藤さんは歩行リハビリ研究会などで、よくお見かけしますが、

F1エンジニアで、アイルトン・セナとつながりがあったとは驚きでした。

ちなみに、この方を”音速の貴公子”と名付けたのは、
古舘伊知郎さんだったと思います。

時代の流れを感じます。
http://www.dailymotion.com/video/x4lxfve_%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91-2016%E5%B9%B47%E6%9C%8826%E6%97%A5-160726_fun  (こちらの動画をごらんください)


下はyoutubeのもので、一部です。
当院でも、歩行アシストが稼働中です。

伊藤さんのエンジニア魂を引き継ぎ、患者さんの歩行がもっと良くなるために、この機器をどう使っていくか。

私達のテーマです。