群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

加速期

         f:id:sawatarispa:20190807143117j:plain

 歩行時、脚を前後に開く時を加速期といいます。

 

 これは文字通り、前方への推進を加速する時期であり、片方の股関節を屈曲するとともに、もう一側の股関節は伸展します。

 

 このとき、体の重心位置が下がるので、このエネルギーを運動エネルギーに変えて前に進みます。

 

 従って、効率良く前に進んで行くためには、股関節の伸展を伴うことで速度を増やしたり、ラクに歩く事ができます。

 

 目で見ることができない位置で、下肢を支えることになるので、感覚障害が強い方では、この歩き方が難しい場合もあります。

 

 このような意味があって、ステップ練習を歩行練習の前段階として用いることが大切と言われています。

 

 基礎練習も大事にしましょう。

 

                          記事担当:さかもと