群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

エレベータ救出訓練

 今年も参加してきました。エレベータ救出訓練。

 停電などの際には、エレベータは最寄りの階で止まるそうなので、問題はないかと思いますが、

 故障の際の緊急停止については、この限りではありません。

 階に跨がって止まってしまうこともあり、救出の必要があります。

 そんなときは、下の絵のように鍵を開けて、エレベータの扉を開きます。

イメージ 1

 鍵が開けば、自動ドアを手で開けます。

 下の絵は、自動ドアを開けた際に、高さが中途半端にある状態を示しています。

イメージ 2

 外と内の扉を開けて、中にいる人を救出します。

 今回もエレベーター救出訓練にリハ部として参加することができました。

 東日本大震災中越地震などでは当院もエレベーターが停止し、皆さんにご迷惑をお掛け致しました。

 備えあれば憂いなし。

 リハ職員も患者さんの安全を守るため頑張ります。