群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

理学療法関連機器

 当院ではロボットリハビリを推進してきましたが、倉庫やケースに収納して保管する方法をとっていたため、患者さんの目に触れる機会が少なく、使っているときは目にしますが、使っていない時間帯は殆ど目にする機会がない状態でした。

 そこで、職員のアイデアから機器を展示する方式に変更しました。

イメージ 1

 Cyberdyne・ロボットスーツHAL、Yasukawa・足首アシスト、Teijin・walkaide®、Honda・歩行アシストを1箇所に集めて展示しています。

 各機器ごとに適応がありますので、すべての患者さんに有効という訳ではありません。担当理学療法士とご相談ください。