群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

フレイル

 フレイルとは、海外の老年医学の分野で使用されている「Frailty(フレイリティ)」に対する日本語訳です。「Frailty」を日本語に訳すと「虚弱」や「老衰」、「脆弱」などと表されます。


 日本老年医学会は高齢者において起こりやすい「Frailty」に対し、正しく介入すれば戻るという意味があることを強調し、議論の末、「フレイル」と共通した日本語訳にすることを提唱しました。
 
 フレイルは、厚生労働省研究班の報告書では「加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態ですが、一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像」とされており、健康な状態と日常生活でサポートが必要な介護状態の中間を意味します。多くの方は、フレイルを経て要介護状態へ進むと考えられていますが、高齢者においては特にフレイルが発症しやすいことがわかっています。


高齢者が増えている現代社会において、フレイルに早く気付き、正しく介入(治療や予防)することが大切です。
 
イメージ 1

フレイルの基準
 フレイルの基準には、さまざまなものがありますがFriedが提唱したものが採用されていることが多いです。Friedの基準には5項目あり、3項目以上該当するとフレイル、1または2項目だけの場合にはフレイルの前段階であるプレフレイルと判断します。


    体重減少:意図しない年間4.5kgまたは5%以上の体重減少
    疲れやすい:何をするのも面倒だと週に3-4日以上感じる
    歩行速度の低下
    握力の低下
    身体活動量の低下
 フレイルには、体重減少や筋力低下などの身体的な変化だけでなく、気力の低下などの精神的な変化や社会的なものも含まれます。


イメージ 2

 ただ、このフレイルのリスクは、要介護認定率にも関係しているようですので、普段からより高みををめざし頑張っておく必要があります。