群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

可動式免荷歩行装置(プロジェクト)

【アンウェイシステム】

可動式免荷歩行装置アンウェイシステムとは、体にハーネス(ベルト)を巻きそこからワイヤーで吊り上げ、自身の体重を軽くさせる機器です。


力が弱く体を支えきれない患者さんや、ふらつきがある患者さんも転倒の危険のない中で歩行訓練等に取り組めます。


 可動式免荷歩行装置班は、『アンウェイ』を利用するためのルール作りをしました。


レーニングとして利用するためのマニュアル作り、患者さんがわかりやすく利用できるための資料を用意し、今後データの蓄積・分析・研究が出来るようなデータ表の作成等もしました。


当院に入院の際には、是非利用いただきたいと思います。

あの長島さんも訓練として利用し、通われていた機械です。


イメージ 1


今回は、それらを用いて早期の歩行獲得に向けに、日常の生活の中で重要な、前進歩行と後進歩行に関して、訓練効果に差があるかについて検討しました。

人工股関節の患者さんにご協力いただき、快適歩行で5分間ずつ、前進と後進を行いました。結果は、どちらも3週間後の歩行速度に改善は見られ、どちらの歩行も重要であることは確認できましたが、どちらがより効果的かどうかに関して結論は出せませんでした。今後は実施内容を細かく分類し、更に検討していきたいと思います。


 ST IM   PT AS