群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

walkaide®導入しました

IVESもある当院ですが、ウォークエイドも導入しました。

使い方に慣れるまで、まだ少し時間をいただきたいと思いますが、
短下肢装具離脱に向け、大きな武器になると期待しています。

海外では脳性麻痺などにも実績を持ち、
個人購入も可能ですが、日本では医療機関へのレンタルにとどまっています。

帝人さんに無理を言って導入しました。
群馬ではまだ2例目のようです。





腓骨神経に電極を貼り、足首を持ち上げる筋肉に対して、
電気刺激を行っています。

傾斜センサーを組み合わせることで、足を持ち上げる際に、タイミング良く電気刺激が入ることが特徴です。

そろい型で歩く方は使いにくいですが、交互歩行のできる方であれば適応できると思います。