群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

脳卒中患者の自立度と歩行速度、歩幅の関係

昨年より、データプロジェクトを稼働し、臨床データの蓄積に努めてきました。

これにより、このようなデータの解析も可能となっています。

脳卒中患者さんの退院時の歩行速度、歩幅と自立度を平面上にプロットしました。

イメージ 1

学会発表すべきなのかもしれませんが、まずは一報。

先日のブログでもご紹介したように、perryの言う、limited community ambulationのレベルでは、歩行自立者と監視、介助者が混在します。

しかし、その速度は0.8ではなく、0.7前後でも、さらに平均歩幅が0.4m(40cm)を超えるという二つの条件を満たすとほとんどの方が歩行自立しています。

臨床上は、この二つの指標を超えるようにリハビリを行うことが大切なようです。