群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

温熱療法としてのプール

当院では、温泉療法に加え、37度のプール内で集団体操を行っています。
整形外科疾患の患者さんが中心で実施しており、水の中なのでわかりにくいですが、少し動くだけで汗をかきます。

温熱療法は骨格筋肥大の促進、萎縮の抑制、萎縮からの回復促進を引き起こすことが報告されています。

一般に,温熱療法は軟部組織の伸張性の改善に効果があるとされますが、これ以外にも筋萎縮に対しては短時間の歩行訓練と温熱負荷を併用することでその効果を高める可能性があるとしている報告もあります。37度の水の中で動くとわかりますが、かなりのヒートショックプロテインが産生され、筋肥大などにいい影響を及ぼしそうです。