群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

国際福祉機器展

福祉機器展に行ってきました

住友理工のブースでは

歩行アシストスーツの展示を行っていました


イメージ 1

膝の水色のところがセンサーになっていて、

膝が曲がることによって、センサが働き、モータによる巻き上げで

下肢を前に振り出すアシストを行っているようです

大腿直筋の走行と同じ働きをし、

しかも装着型でありながら、硬くなくソフトで、

この上にパンツがはけます

しかし、補助する力は弱いため、筋力の少し低下した高齢者が対象で、

病院では利用範囲が限られそうです。

最近は様々な機器が発表されていますが、

まだ実際に病院で使えるものとなると、限られるようです