群馬リハビリテーション病院 リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使し、多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。外来・通所も午前に実施中。

血圧を測ろう

 血圧は日内変動が意外に大きく、下のグラフのように推移していきます。

 

 自分の血圧を知ることなく、脳卒中などの病気に罹られる患者さんも多く経験します。

 

 自分の体調管理をする意味でも、定期的に体温に加え、血圧も測って起きましょう。

 

   f:id:sawatarispa:20200805161826j:plain

 

 血圧の測り方は下の図に示します。

 

 気をつけるところは、ベルトを巻く位置は、心臓と同じ高さにすることです。また、血管音を聞くところに印があるので、ベルトの位置を調整してください。

f:id:sawatarispa:20200805162216j:plain

 加圧して、減圧しながらゆっくり測って行きますので、リラックスして普通に呼吸しながらお待ちください。

 

 数字の変化に集中しながら待つと、血圧が上がってしまうかもしれませんので注意。

 

 朝、血圧が上がりやすい早朝高血圧というのもありますので、朝計測すると良いでしょうと、当院の医師も言っておりました。

 

f:id:sawatarispa:20200805162827j:plain

 

 朝は体内の水分量が減ったり、血圧が上がったりで、脳卒中心筋梗塞になりやすいといわれます。

 

 ご自分の血圧変動のクセを知っておくことも大事だと思います。

 

 

f:id:sawatarispa:20200805163203j:plain



 血圧が高いとその分、心血管秒になるリスクも上がりますので、注意していきたいものです。

 

 まずは定期的に自分の血圧を知ること。これを意識していただきたいと思います。

 

                        記事担当:部長さかもと