群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

小川かつみ先生

 当院では、小川かつみ参議院議員講演会を群馬会館で開催しました。

 テーマは「リハ専門職をとりまく危機と社会から求められる人材とは」でしたが、今回は内容には触れません。

 開催直前、小川先生と雑談していると、

 「僕みたいなどこの馬の骨ともわからない人間の話を聞いてくれるなんて、うれしいですよね。一生懸命頑張りたいと思います」

 また、講演の打合せでは、

 「質疑応答を30分ほど設定させていただいていますがよろしいでしょうか」

という質問に、

 「僕はかまいません。先日、講演時間をオーバーして話した講師を見ましたが、僕はきちんと時間を守りたい」

といっていただき、質疑応答も含めて、想定時間ですべて終了することができました。

 その後の個別での質疑応答にも丁寧に対応をしていただきました。

 国会議員でありながら、この謙虚な姿勢。
 先生と呼ばせていただくのに相応しい人物だと思います。
 (議員に対する偏見でしょうか・・・)

イメージ 1
講演会参加者と主催者、小川先生とともに

記事担当:リハ部長 さかもと