群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

HONDA歩行アシスト稼働中です

歩行アシストに関する知見も出てきました。

イメージ 2
これですが、
イメージ 1
例えば、脳卒中患者さんの歩行時、悪い方の脚が後にあるとき、
前への体重移動に時間が掛かる方がいらっしゃいます。
(色のついている方が麻痺側)

イメージ 3  →  イメージ 4


 速い時間なので、実感することは難しいかもしれませんが、意外にこの時期の前方への体重移動は困難です。
(麻痺側の下肢を前方への推進力として使うことが難しいため)

 歩行アシストの使用で、この時期の水平方向移動時間の改善を認め、対称性の改善に役立ったとする報告があります。

 脚が上手に後に送れない場合には、歩行アシスト!。
 担当の理学療法士にご相談ください。

大畑光司,川崎詩歩未ら:
Honda 製歩行アシストが脳損傷片麻痺者の歩行対称性を改善するメカニズム