群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

予防が大切です!!

毎朝起きてすぐ雪が降っているか、何よりも早く確認する松高です。

雪が降っていると、家を出る時間が早くなるので・・・(^^;)

 
 

さて、今回は当院の職員が介護予防サポーター養成研修の講師を務めさせて頂いたので

御紹介します。健康運動指導士の内藤さんと、理学療法士の牧口さんです。

 
イメージ 1
 
 

介護予防サポーター養成研修とは、一般の方を対象として介護予防の重要性を理解し地域で介護予防を実現できる人材を育てる講座(東吾妻町地域包括支援センター資料より)です。

 

1年間で計5回あり、介護予防サポーター制度や役割、口腔機能や運動機能のトレーニング法、転倒予防など幅広い講座があります。

 

今回は“健康の基本は食事から・トレーニング理論・健康作りは運動から”のテーマでした。

 
イメージ 2

イメージ 3

自分自身の体力維持・介護予防も大切ですが、家族やご近所さんとも協力して健康寿命を長くしていきたいですね!(^^)!

 

記事担当 松高