群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

「介護予防サポーター養成研修」

 こんにちは!

 連日暖かい日も増え、春の兆しも見えるようになってきました。


 毎年、この季節は新しいことへの希望と共に、驚くほどの鼻水との戦いの時期でもあります。(はい。重度の花粉症です(>_<)。)


 少しでも良いから雨よ、振ってくれ。(笑)

 

 さて今回は、自分が講師をさせて頂いた「介護予防サポーター養成研修」の様子を少し紹介したいと思います。


 この研修は、地域で自主的に介護予防の活動を行おうとする方や、市町村等の介護予防事業にボランティアとして活動したい方などを対象に、介護予防に関する知識や技術を身につけていただく研修です。


イメージ 1

 今回の研修は、群馬原町駅の近くにある、東吾妻町中央公民館で行われました。


 私は「転倒予防のための運動器トレーニング」という内容で、講義と実技をさせて頂いたのですが、何より参加している方々がとても意欲的に受講されていることに驚きました。


 もちろん、自らの意思で行うボランティアだからと言えばそうかもしれませんが、こういった健康への関心を持った方々が地域で活躍していただくと、その町は盛り上がるだろうなと素直に感じました。

 

 自分もそういった地域の活性化に貢献できるよう、日々の業務から考えていければと思います。


 初めて「介護予防サポーター」という名前を聞いた方や、ご興味ある方は、ぜひ調べてみて下さい!

 

では今日はこの辺で。

さよならー!


                        記事担当:健康運動指導士 杉村