群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

群馬県医療・ヘルスケア展2016

イメージ 1

 上記の展示会に参加してきました。

 講演会も4本ほど参加し、いろいろ参考になりました。

 まずはロボットアシストウォーカーですが、

 今年、介護保険対応になったそうです、知りませんでした(゜o゜;)。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 このような、電動歩行者ですが、下り坂では、ブレーキが、上り坂では”アシスト”が効き、躓いた際にもブレーキが効き、歩行を補助してくれます。
 10万円を超える機械なので、個人で購入するには尻込みしてしまいますが、介護保険レンタルできるということですので、導入しやすくなったと思います。

 当院も導入実績がありませんが、RTworksの営業の方が、持ってきてくださるといっておられましたので、首を長くして待ちたいと思います。


次はこれです。

イメージ 6

イメージ 7
イメージ 8  イメージ 9

 かわいかったので、思わず買ってしまいました(笑)。

 高齢者や、女性、子供など、ペットボトルが開けられなくて困るということを少なからずお聞きします。

 栃木の会社なのでトチ助(すけ)バージョンもありますが、群馬ちゃんバージョンはないようです。

 リハビリとは関係なく、ユニバーサルデザインという考え方で、すべての人にやさしい配慮ができる。そんなセラピストになりたいものです。