群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

今年上半期の成績2

前回は在宅復帰率を提示しましたが、今回は重症者受け入れ率です。

約1/3が重症者の受け入れという結果になりましたが、重症者の方が軽症者と比べ入院期間が長いので、重症者をもっと受け入れている印象があります。

日常生活機能評価が10点以上の重症者であっても、リハビリを頑張れる土壌があるということだけは言えると思います。

結果はまた次回報告します。

イメージ 1