群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

今年上半期の成績3

三部作、最終回です。

当院の回復期リハ病棟での、重症者の回復率です。

当院の基準は日常生活機能評価が
(点数が大きい方が重症)

10点以上で入院した患者さんが、4点以上回復する割合を示しています。

他の病院では3点以上という基準の病棟もありますので、

割合で単純には比較できませんが、

6割超えはかなり驚異的と考えています。


イメージ 1


特に重い麻痺をお持ちの方こそ、回復期1の基準を持つ病院への入院がお勧めです。

もう高齢だから・・・と最初からリハビリを考えない方もいらっしゃいますが、

回復期リハを受けられる期間もそう長くはありませんし、

あきらめるのは回復期リハを行ってからでも遅くはありません。