群馬リハビリテーション病院 リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使し、多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。

記憶力低下を補うために

 私たち言語聴覚士は、記憶障害がある方のリハビリも担当します。

 記憶力を伸ばす脳のトレーニングを行うとともに、記憶を補うためにメモや日記を利用することも大切です。

 

 こちらは、ある日の入院患者さんのスケジュール例です。

f:id:sawatarispa:20200707093436p:plain

 基本的には、1日に2~3回リハビリがあります。

 その他に、体操やプールなどが入る方もいます。

 毎日意外に忙しいですね!

 

 スケジュールは毎日多少変わるので、

 記憶障害がある方は、このようなメモを毎日持ち歩いている方もいます。

 

 その日あった出来事を日記につけたり、食事の献立・リハビリで行った内容を書き留めたりしている方もいます。

 

 メモの取り方についても、どの方法が分かりやすいか、担当者と試行錯誤しながら毎日のリハビリに活かしています。

 

                          記事担当:ST登丸