群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

年齢に伴う体力の低下を防ごう

 

「フレイル」という言葉をご存じでしょうか?英語で「虚弱」を意味する言葉です。

加齢に伴いからだ全体が弱くなり、健康障害を起こしやすくなった状態のことを言います。

年齢を重ねると筋肉が減り、身体が疲れやすくなったり、頭がぼーっとしやすくなったりすることがあります。

このような不調が長く続くと、いずれ介護が必要な状態になってしまう危険性があります。


イメージ 2

 ☆今回はフレイルの予防となる、頭とからだを使った簡単な体操をご紹介します。

 

①両手で拳を作り、ぐるぐる回しながら、「100-2」を声に出し、リズム良く連続で計算していきます。「100,98,96…」という具合です。簡単だったら、-7でやってみましょう!余裕があれば、足踏みも付けると更によい運動になります。

 

② ①と同様に、拳を作り、ぐるぐる回しながら、リズム良く「動物の名前」を言っていきます。「野菜」「果物」「魚」など、お題を変えても良いですね。

     

イメージ 1


複数でやるとゲーム感覚で楽しく行えますよ!

ぜひ、家族のみなさんやご友人と一緒にお試し下さい。

                                     ST日下部