群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

規定食と私達

 年も明けて早3週間が過ぎていきました。早いですね~。今年もあっという間に過ぎていくのでしょうか。


 今回の題目は規定食についてです。規定食とは皆さん関心の深い「ダイエット」という事です。年末年始で食べ過ぎたから痩せたい!という話しを良く見ますが、無理な制限をすると内蔵に急激な負荷が加わり、体調不良、肝機能が低下する恐れがあります。


 まずは、痩せる体を作るところから始まります。

 そこで自分が行ってストレス無く効果的だった方法を皆さんにお伝えしたいと思います。


 注意:間違いなく個人差があります。


①筋トレ→有酸素運動


 自分は腕立て伏せが苦手なので、腹筋を30回×2セットを行い、ウォーキングやプールを20分間行いました。運動時間は40分が効果的と言われていますが、大変なので20分で行いました。

 毎日行う事が大切ですが、無理な話なので、筋トレだけ毎日行い筋トレ+有酸素運動は休みの日のみの週2日としました。


②食事


以前群リハのブログでもありましたが、炭水化物を摂取する前に野菜を食して、血糖値の急激な上昇を抑え、脂肪の蓄積を防ぎました。また、この食事法をしてから食後眠くなる事もなくなり一石二鳥です。

私はラーメンが好きなので、月に12回は食べました。その際、チャーシューも一緒に食べるようにしました。理由は、ラーメンは脂質と炭水化物でできており、栄養バランスが悪いですが、チャーシューでタンパク質とビタミンB2を補給し、豚肉のLカルニチンで脂質・糖質の燃焼を促す効果がある為です。そうすることで、栄養バランスが整い、脂質/糖質を燃焼し基礎代謝が上がるのでカロリーを多く消費でき、痩せやすくなりました。⇒「帳消しメゾット」というらしいです。

上記の二つの方法を1ヵ月試した結果→7日目から体重が減り始め、1ヶ月で4.3㎏減量し、体脂肪も減少しました。気になる方は是非調べてみて下さい。

イメージ 2

【☆コラム☆】今年は戌年ですね。戌は一番人間と付き合いが長く、親しまれている動物で、「商売繁盛」という御利益があるそうです。また動物を見る、触れあうという事はとても良いことで、内在するストレスを軽減し、精神的な健康を回復することができるとの結果があります。

イメージ 1    是非触れあってみましょう。

                                       担当記者:OT山口