群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

リフトのデモンストレーション

据え置き式コンパクトリフト リーチ<電動式>のデモンストレーションを行っていただきました(モルテン埼玉オフィス)。

イメージ 1

 屋内使用を想定してつくられているリフトで、40cmの昇降ができます。

 この手の据え置きリフトとしてはコンパクトに仕上げられており、有線のリモコンに加え、ワイヤレスのリモコンが標準で装備されており、車いすに乗った方がリモコンに届かなくても、ワイヤレスリモコンで台の昇降が可能なので、自分で操作することができます(工事不要で据え置き式)。

 日常生活用具給付の対象品ですので、15~25万円程度が公費で負担してもらえます。

 介護保険でもレンタルの対象商品として考えられていますが、今月発売したばかりということで、このあたりはまだこれからといったところのようです。
 (価格は比較的安価で、介護保険のレンタルでも対応できそうとのこと)

 群馬でも取り扱い業者が増えることを期待しています。

 使う方がより外に出やすくなるよう、多くの方に試していただき、外に出かける頻度を、増やしていただきたいものです。