群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

プロジェクト(ロボットスーツHAL)

HAL
ロボットスーツと言われる、足に取り付ける機械があり、その名前をHAL(ハル)と言います。
イメージ 2

このロボットスーツHALを利用することで、より足の機能が回復し、上手く歩けた患者さんがいたとの報告がありました。昨年度行われた第22群馬県理学療法士学会でも2題ほど、学会発表を行いました。
貴重な症例(患者さん)を学会等で発表することで、たくさんのセラピストの目に触れ、その中でセラピストの訓練内容が充実していけば、さらに患者さんへの訓練方法も広がり、より良いリハビリが出来るようになります。
こういう意味でも発表は大切だと思います。リハ部長にもよく言われていますので、当院でも現場の患者さんの治療だけでなく、さらに学術的にも切磋琢磨していきたいと感じました。
ちなみに、ロボットスーツHALは重くないそうなので、機会があればチャレンジしてみてください!


 
イメージ 1