群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

ロボットスーツHAL安全使用講習会

こんにちは~(^O^)
 
先日ロボットスーツHAL® (以下HAL)の安全使用講習会が行われました。
当院でHALを使い始めて約5年経ちました。
この講習会は過去数回行っていますが、新人を始め、まだ受講出来ていなかった方、復習したい方を募り今回開催の運びとなりました。
安全使用講習会ということで、基本的な操作の仕方・方法や臨床応用に向けての考え方等を丁寧に教えていただきました。

イメージ 1

参加者でHALを直接装着した人からは「立ち上がりの大変な患者さんが多いので、HALを使ってみるのはとても効果的ではないかと改めて感じました」といった意見が聞かれました。


現在ロボットスーツHALは患者さん一人に対して2~3名のセラピストが付き週2~3回を目処に行っています。


当院では今までHALの使用経験を多く持ちますので、これからも患者さんへの使用例を通してHALの研究を続けていきたいと思います。


これによって、HALの適応をより明確にし、患者さん個人に合わせた使用方法も検討していきたいと思います。そしてこれらを患者さんに還元していきます。
 
足が動かなく悩んでいる方、HAL使用を躊躇している方に、納得して次への一歩を踏み出せるものを提供出来るよう日々努力していこうと思いました。
 
とても刺激になる講習会だったと思います。講師としてお越しいただいた、ダイワハウスの皆様ありがとうございました。 
担当記者PT大前