群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年はロボットスーツHAL、HONDA歩行アシスト、HONDAドライブシミュレータ、IVES
(随意運動介助型電気刺激装置)について、群馬県理学療法士協会、作業療法士会での学会発表ができました(合計6演題)。
学会発表という作業は、セラピストにとってもかなりのストレスとなりますが、発表のためにまとめる作業に終始していたのでは意味がありません。

私達の目的とするところは、患者さんの治療効果を如何に挙げていけるか、や、いかに患者さんの為になるかということです。

今年も昨年以上に新しい療法への感度を持ち、50数年の伝統を温故知新して、この二つをどうやって融合するか考えて行きたいと思っています。

今年も、皆様のご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。


イメージ 1

当院3F訓練室からの初日の出です。
今年もいいリハビリができそうですね。写真提供 yukio asami