群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

社会参加と介護予防効果の関係

日本老年学的評価研究プロジェクトから

以前、ご紹介しているものです。

 

イメージ 1


 小学校区ごとに分け、スポーツ組織への参加率と過去一年間の転倒について調査をしました。

 地域のスポーツ組織への参加割合が高い地域ほど、前期高齢者の転倒率は低い傾向にありました。

 運動の継続は大切です。

イメージ 2


 また、高齢者の趣味のグループに参加割合が高いほど、その地域のうつ傾向の平均値が低いという相関があるとのこと。


 運動ではなくても、仲間との交流というのは精神的にも良いそうです。


 昔からいわれることかもしれませんが、大きなデータが導き出すと説得力があります。


 友人同士のつきあいも大事ですね。

イメージ 3


 さらに、ボランティアグループなどの参加割合が高い地域は、認知症リスクが少ないとのこと。


 これも運動には限らず、ボランティア、老人会や宗教団体、町内会なども含みます。

 

 正月最後にいうことではないかもしれませんが、行事は大事にした方が良いのかもしれませんね。

 

情けは人の為ならず。自分のためでもあるようです。
 
         記事:部長さかもと