群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

「下肢装具を使った運転再開練習」

先日、ダイナミックウォークという下肢装具の記事を書きました。

f:id:sawatarispa:20210309094027p:plain

 

 実際に患者さんにこの装具を装着して運転再開練習を行いました。

 

 患者さんは脳梗塞により右足に麻痺があります。麻痺の程度は比較的軽度ですが、足首の運動が思ったようにはできず、何も装着せずに運転するには不安がある状態でした。

f:id:sawatarispa:20210309094132p:plain

f:id:sawatarispa:20210309094149p:plain

f:id:sawatarispa:20210309094206p:plain

 1人の患者さんの結果ですが、足の機能としては運転動作に影響があるようです。

 

 しかし、あくまでもある程度運転できるだけの足の機能があることが前提に思えます。

 言い変えれば、踏みかえが出来ない状態ではこの装具を着けても右足での運転は厳しいということです。

 右足に障害を有する方全員に効果的ではありません。しかし、ある程度右足が動き、アクセル、ブレーキの踏みかえが十分に出来る、でも運転に不安がある場合には、装具を運転に役立てるというのも良いかも知れません。

 

 

 

と、私はこの装具が運転に使えるのでは?と思いついたわけですが・・・

 

f:id:sawatarispa:20210309094304p:plain

 メーカーはやはり想定していたようです。

 

 運転にも適した下肢装具として紹介しています。

 

 私が知る限り、運転再開に装具を積極的に使うというのは聞いたことが無く、当院にとっても新しい風です。

 これから運転再開練習の1つとして、この装具を試していこうと考えています。

 

 

 

 新たな可能性に気づけたことに興奮しました。

 

 しかし、さすが世界は広いし深いし早い。

 

 

 そりゃそうですよね。

 世の中あっぱれです。

 

 

 

                        記事担当:PTやまざき