群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

スウェーデンから遙々と

先日、装具の講習会について紹介しましたが、

その講習会に関連して、こんなものが届きました。

イメージ 1

 見事な?装具セットです。

 これはスウェーデン製の装具で
toeOFF®と言い、田沢製作所が輸入しているものですが、日本向けにショートタイプも用意しています。

 今回はこのショートタイプのtoeOFF®評価用を、写真にあるように6本いただきました。太っ腹です。さらに高崎義肢がインソールを付けてくださるということで、期待してお待ちしております。ありがとうございます。

 さて、この装具の機能についてですが、1.足趾による踏み返しを復元していること 2.超軽量 3.素材が薄く靴装着が可能とのこと。
 適応は下垂足や足関節の側方不安定性がある方で、禁忌は強い痙性麻痺がある方です。

 実際に付けてみましたが、薄い割には足首部分の剛性はかなり高く、通常のプラスティック短下肢装具と比べ、前方制動を強く感じます。

 先日の講習会を受けてなのか、いただいた当日に2件、実際に患者さんのリハビリで使ってみました。好評なようです。

 いただいたばかりで、どのような患者さんに使うのが適正なのか、わからない部分も多いですが、活用する中で見つけていきたいと思います。ご活用ください。