群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

片麻痺患者さんの強い味方!!

当院では、脳卒中を発症され上下半身に運動麻痺が残存している患者さんも多く入院されています。麻痺のある状態でも一人で歩けるようになる方も多く、患者さんは運動麻痺による障害を支えるために、装具を利用されます。
装具の種類は様々で、下肢の麻痺の程度や回復の度合いによって使用する装具も変えています。当院でリハビリ時に使用している装具は、主に4種類です。


イメージ 1

左から、長下肢装具、金属支柱付き短下肢装具、プラスチック短下肢装具、オルトップ短下肢装具です。


イメージ 2


また、当院では新しく『ゲイトイノベーション』という装具を使用しています。この装具は、これまで時間のかかっていた装具の長さや太さの調節を簡素化し、より装着しやすくした装具です。


イメージ 3

脳卒中による片麻痺では、適切な下肢装具の装着により歩行能力の改善が期待されるため、適応を厳密にして患者さん一人一人に対して適切な装具を選択する事が大切です。
 
例えば、麻痺が重度の方は長下肢装具を使用します。
 
麻痺側の足に体重を乗せると膝が折れてしまう方は、金属支柱付き短下肢装具やプラスチック短下肢装具を使用します。
また、足首のみ麻痺があり、踵からの足をつくことが難しい方はオルトップ短下肢装具を使用します。
 
患者さんの能力に応じて適切な装具を使用することで、運動麻痺のある状態でも生活の幅を広げ、質を高める事が出来ると私は考えています。
 
片麻痺のある患者さんにとっての新たな『足』になれるように、私たちリハビリスタッフも日々、身体の機能を把握し適切な装具を提案出来るようにしていきたいと思います!