群馬リハビリテーション病院(旧沢渡温泉病院)リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。HAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなど、ロボットリハも稼働中。100名超のリハスタッフで365日途切れなく活動中。年200回を目標にブログ更新しています。

脳卒中の歩行速度と歩行自立度

 このグラフは、脳卒中の既往を持つ方の歩行速度と歩行自立度を表しています。(ある文献によるものです)

 

 グラフ左の目盛は、歩行速度(m/sec)を表し、青い部分よりも上側の速度を示すと、自立度が達成されると考えられています。

 

 従って、屋外歩行が支障なく行えるには、秒速0.8m以上の歩く速さが必要と言えます(10m歩行12.5秒以下)。 

 

 f:id:sawatarispa:20201207153052j:plain

 

 屋内歩行ができるようになるには0.4m/sec以上の歩行速度が必要ですので、外を比較的自由に歩けるようになるためには、2倍速で歩く力が必要と言われています。

 

 転びそうになるまで何が何でも速く歩く事は要りませんが、無理なくスムーズに歩行できるようにしておくことで、活動できる範囲が広がり、できることも増えそうです。

 

 滑らかに足が動くようにしたいものです。

 

 (下図)そのためには膝から前に出し(左)、足の裏が後ろから見えるように(右)心がけてください。

     f:id:sawatarispa:20201207162539p:plain


                   記事担当:部長さかもと