群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

血圧を下げよう

 血圧が高い状態を高血圧と呼びます。


 これは、交感神経が過敏になるとおきやすくなり、この原因としては、加齢、肥満、塩分摂取が多い、飲酒、ストレス、睡眠不足、運動不足など、いくつかの原因が考えられます。


 最近は、様々な場所で健康講座などが開催されていますので、高血圧には運動すべきだとか、肥満を防ごうなどの意識付けができているように感じます。


 しかし、日中の血圧は正常でも、朝起きたときだけ血圧が高い場合でも、長期的には脳卒中心筋梗塞のリスクが約2.5倍に跳ね上がることがわかったそうです。


 やはり、血圧は普段から高くなりすぎないよう、コントロールが必要なようです。


 まずは寝ること、飲酒量を減らす、塩分摂取を抑える、散歩するなどからはじめてはいかがでしょうか。


 合わせて以下の方法を試しても良いと思います。

イメージ 2

 タオルをまるめて握ります。力は最大の力の30%位で。

 少し違ったからといって、どうと言うことはありませんので、3割くらいの力で握ってください。2分間です。かなり長いです。

 片方ずつでも、両方一緒でも、一日合計10分、週3日程度行ってください。

 効果のメカニズムは以下の通りです。


イメージ 1

 血圧は130/80以下に保つことが理想です。

 少しでもこれを上回る方は、試してみると良いでしょう。4週間くらいは必要だそうです。

 ちなみに私は、長い通勤を利用して、ハンドルを握ることにしました。

記事担当:さかもと