群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

転ばない

 転ばない事をテーマにロコモやロコチェックなどを紹介してきましたが、最近は転倒が増えているそうです。

イメージ 1
 これはH28のデータですが、転倒転落による死者数は、交通事故によるものと比べ、2倍以上になっています。

 これは消費者庁が出している資料ですが、今のところ、誤嚥・転倒・溺水・交通事故の順に死者数が多くなっています。

 これは裏を返せば、この順番に気をつけた方が良いと言うことでしょう。

 今回は、転倒・転落について、少しお話しします。

 以前書いたロコモの記事は下にあります。

 もっと詳しい情報が欲しい方は、サイト内左真ん中あたりで検索してみてください。


また、転倒がよく起きる場所について、下に示してあります。

イメージ 2

 交通事故が減っていることは知っていましたが、死者数に限っただけでも既に2倍以上の開きとは、驚きました。

 これからのエイジングはどのように転ばないかということもテーマにすべきでしょう。