群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

食べることに大切な舌の機能

当院でも病気や老化などにより嚥下障害を呈する方が多くいらっしゃいます。食事は私たちが生きていく上でとても重要なことです。さらに口から食べるということは生活の質の維持にも大きく関わります。


イメージ 1

食べることは舌の運動機能と大きく関係しています。特に舌圧は加齢に伴い、低くなっていきます。

 舌の力の弱い人は食事の際にむせる、食べられなくなるなどにより低栄養になる危険性が高まります。予防するためには舌に対するアプローチが必要です。

 

 そこで当院では舌圧測定器を用いています。患者さんの現在の舌圧を測定したり、リハビリの効果を客観的指標として利用しています。最大舌圧値が20kPa未満だと誤嚥のリスクが高まると言われます。


 イメージ 2     イメージ 3
          舌圧測定器

一人でも多くの方に口から食べられることの喜びを維持して頂くためにも日々努力をしていきたいと思います。

 

記事担当:ST青木