群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

大腿義足

回復期リハビリの対象疾患には、
義足装着訓練が必要な状態という項目があります。

切断の部位で大腿義足、下腿義足と分類されますが、
最近も、こんな義足による歩行再建を経験しました。

イメージ 1

 C-Legはマイクロプロセッサーが、歩行のどのタイミングなのか、進んでいる方向、歩行スピードなど様々な情報収集をしています。
 路面環境などにも関わらず、遊脚相(義足が地面から離れて振られている時間)へ切替える、適切なタイミングをより正確に把握することができます。

 昔でいういわゆるインテリジェント義足ですが、使いこなすには患者さんの技術も必要なようですが、セラピストもかなり勉強になったようです。

 義足はできる限り作成して歩いた方が生命予後も良いといわれます。諦めないで一緒に頑張りましょう。