群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

ジグリング

以前、東京FM中西哲生クロノスで紹介されていました。
この先生は、
すべての変形性股関節症患者で効果があるわけではないとしながらも、ジグリングで股関節の軟骨が再生するといわれていました。
このジグリング、カタカナなのでよくわかりませんが、
「貧乏ゆすり」のことです。

効果を調べてみました。
冷え性改善
②軟骨再生
エコノミークラス症候群の予防
④むくみ解消
⑤集中力アップ
⑥ストレス解消
などの効果があるようです。

方法は、
イメージ 1

かかとを2cm上げ、下ろすの繰り返し。小刻みに震わせるように行うことがコツ?です。(貧乏ゆすりの指導というのも変ですが・・・)

股関節の痛みがある時に循環を良くするため行うのも良いと思いますが、
軟骨の再生にはかなりの回数が必要です。

ただし、人目は気にした方がいいと思います...。
品がないと思われても責任は持てませんので、トイレや自宅など、個室で行うと良いでしょう。

人工関節ドットコムにも紹介されています。http://www.jinko-kansetsu.com/ask/80/index.html