群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

中殿筋ストレッチ

 変形性股関節症で痛い思いをされている方がいらっしゃると思います。

 今日紹介するストレッチは、人工関節置換術をされた方はしてはいけない方法ですが、痛みが出はじめたくらいの方を対象にご紹介します。

 変形性股関節症の発症には体重増加が関与しますが、悪化には体重はあまり関係が無いそうです。最近の知見では筋出力のメリハリが少なくなることが原因とされています。

 通常は下肢に体重が掛かった時に筋収縮が起き、筋肉が体を支えてくれますが、変形性股関節症の方では足を振り出すときでも中殿筋の力が抜けず、力が入りっぱなしになり、これが原因で関節症が悪化するようです。

 従って時々ストレッチやマッサージを行い、必要な時に必要な筋肉が使えるようにすることが大切です。

 ストレッチの方法を以下に示します。

イメージ 1
人工関節術後の方は行わないでください!

 赤い部分が中殿筋で、この筋肉の収縮にメリハリがなくなることが問題です。立ったまま行うのは結構大変なので、転ばないように注意して行ってください。

 後は、重りなしでの外転運動や

歩行時の安定性を高めるために

ジグリング

を試してみてください。

記事担当:リハ部長 坂本