群馬リハビリテーション病院リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。伝統的なリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使して、患者さんが良くなるために奮闘中。

ジェントルスティムのデモを行っていただきました

嚥下障害に対する先進的リハビリ機器、ジェントルスティムのデモを行っていただきました。

イメージ 1

干渉波電気刺激による、嚥下障害改善のための機器です。

vitalstimでは、低周波刺激が強く、頚部の筋力トレーニングを行うような電気刺激になっていましたが、この機器は電気刺激は閾値程度で、痛みは全くないので、患者さんにも優しい機器のようです。

また、中周波域の干渉波を利用していますので、深達度が高く、多くの筋に刺激が入ります。


イメージ 2

筋電誘発のIVESなどとは機序は異なるようですが、閾値程度の電気刺激は、頚部の筋に活動を起こしやすくする作用もあると思いますので、嚥下訓練の補助に導入を検討したいと思います。