群馬リハビリテーション病院 リハビリテーション部です

回復期リハ病棟156床。通常のリハビリに加え、早朝リハビリも施行。さらにHAL、歩行アシスト、足首アシスト、IVES、REOGO-J、Walkaideなどを中心とするロボットリハも駆使し、多くのリハスタッフで患者さんを担当させていただいております。

リハ部の取り組み⑳

ジェントルスティム(干渉波型低周波治療機器)

 

 低周波刺激は喉への食物の流入に対して、嚥下反射を起きやすくします。

 しかも干渉波刺激ということで、刺激されていることはほとんど感じません。

 嚥下反射が起きやすいということは、治療時に嚥下(飲み込み)回数を増やすことができ、嚥下に関する筋活動や協調性の動作反復練習がしやすくなります。

 嚥下反射の開始が遅れている症例に対し利用でき、低周波通電と違って、痛みを感じないという特長もあります。

 国産の機器であるということも、当院が導入した理由の一つでした。

 

f:id:sawatarispa:20191216113520p:plain

干渉電流型低周波治療器 ジェントルスティム

 

こちらも合わせてご覧ください

gunmarehab.hatenablog.com                        記事担当:部長さかもと